確定申告ってそもそも何?税金の仕組みを分かりやすく解説!

税金

起業などで自営業に転職すると、会社勤めの時と大きく変わるのが税金の納め方です。確定申告などの言葉は聞いたことがあっても、詳しく知らないという方も多いはず。そんな方のために、確定申告と税金について分かりやすく解説しましょう。

そもそも確定申告とは?その対象者

確定申告とは簡単に言うと、1年間の収入や支出などの情報を税務署へ報告する手続きのことです。税金は所得などの収入で計算されますが、医療費などがあると控除されます。そういった複雑な計算をするための材料となる情報をまとめて、税務署へ報告することで税金の納付額が確定します。
フリーランスなどいわゆる個人事業主の場合、1年間の事業所得が38万円以上なら確定申告をする義務があり、会社勤めの場合は、この手続きを年末調整という形で会社内の事務員がしてくれていますから、基本的には確定申告を意識する必要はありません。ただし、給与収入だけで2,000万円を超えている高所得者や、副業で20万円以上稼いだ人などは確定申告をする義務が発生します。退職などで環境が変わった方は、念のため自分が対象となるのか確認してみましょう。

確定申告の時期はいつ?手続きの種類は?

確定申告の時期は毎年決まっていて、大体2月16日から3月15日の間です。手続き方法としては、管轄の税務署へ直接赴き確定申告書類を提出するか郵送で提出する他、インターネット型の確定申告「e-Tax(イータックス)」で行うことができます。
税務署では署員と相談しながら書類を作成することが可能なので、初めての方はこちらがおすすめです。ただしこの期間は税務署が大変混み合うので、相談するなら期間前に赴くと良いでしょう。開業届を出した人であれば、この時期に書類が自宅に郵送されます。また税務署にも置いている他、ホームページからダウンロードも可能です。
税務署は開庁時間が決まっているため、自分のライフスタイルに合わせた方法を選択してください。

確定申告をしなかったらどうなる?

期間外でも手続き自体は可能です。ただし、確定申告の義務があるのに申告しなかった場合、追徴課税というペナルティが発生するので注意しましょう。遅れた分だけ延滞税を支払う必要が生じ、隠ぺいだと判断された場合は重加算税が課されます。また青色申告の場合は控除が受けられなくなるなど、リスクが大きいと言えるでしょう。
それ以外にも、税務署の調査でクライアントの方にも問い合わせが入り、迷惑をかけてしまう可能性もあります。余分にお金がかかるだけでなく、今後の仕事にも影響を及ぼしかねません。そうならないように、確定申告は必ず行いましょう。

まとめ

確定申告について、大体のイメージは掴めたでしょうか?フリーランスになったら、確定申告のことは詳しく把握しておきましょう。不慣れだと色々と時間がかかるので、早め早めに動くことが肝心です!

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事