デスクワークの方は必見。「正しい姿勢」で仕事も捗る!?

趣味・美容

オフィスではほとんどの時間、座ってパソコンなどデスクワークをしている人が多いのではないでしょうか。仕事に集中していると脚を組んでしまったり、ついつい前のめりになってしまったりと、どんどん姿勢が崩れてしまいます。姿勢が悪くなると、太りやすくなってしまったり、腰痛や肩こりを引き起こすなど、いいことがありません。この機会に「正しい姿勢」について考えていきましょう。

「正しい姿勢」とは

正しい姿勢とは一般的にもっとも体に負担がかからない姿勢と言われています。立っている時には、頭の上から糸で引っ張られている感じとよく言われますが座っている時はどうなのでしょうか。
座っている時の正しい姿勢の作り方は、椅子に深く腰掛けるところから始まります。そうすると自然と背筋が伸びますよ。女性は特に浅く腰掛けがちなので気をつけてください。そして、デスクで作業する際に、ひじと膝がそれぞれ90度になるようにイスを調整します。膝が90度にならない場合には、足元に踏み台を置くなどしてください。この姿勢がもっとも体に負担がかからない正しい姿勢です。正しい姿勢をすると体に負担もかからず、背筋も伸びて血流が良くなり、頭の回転もきっといつもより早くなるのでは?

クッションやシートを使うのも効果的

正しい姿勢をご紹介しましたが、仕事に集中するといつのまにか姿勢への意識がなくなり、なかなか継続することが難しいですよね。そんな時には座るだけで正しい姿勢にする手助けをしてくれるクッションや専用のシートを使うことをオススメします。大きな雑貨屋さんなどに置いてありますので、自分に合うものを試して探してみてください。

正しい姿勢を保つためのトレーニング

そもそも姿勢が悪くなってしまう人というのは、筋肉がないことが多いです。食事だけを抜くダイエットのし過ぎや、日頃から運動をしていない人などが多く該当します。そんな方のために、オフィスでできる姿勢をよくするためのトレーニングをご紹介します。
姿勢をよくするコルセットのような役割をするお腹の筋肉に効くトレーニングです。

やり方
1 お腹を膨らませながら鼻から息を吸う
2 口から勢い良くフゥーッと息を吐きながらお腹を凹ませる。
息を吐き出す時の口は口笛を吹くようにすぼめます。そして息を限界まで吐き切る意識をしてください。
これはトレーニングといいつつも、実は腹式呼吸をしているだけ。ただ呼吸をするだけなのですが、意識して行うことでエクササイズの効果があるのです。何回かおこなっていると、お腹があったかく感じてきます。それが効いている証拠です。

いかがでしたか

崩れてくると、肩こりや腰痛の原因になってくる姿勢。最初は自分の力だけで維持するのが難しいと感じるかもしれません。そんな時にはクッションなどのツールを使っても構いません。毎日姿勢を意識しながらデスクワークを頑張りましょう。

サイトウ サオリ

17,915 views

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事