雑誌や話題の本も読める!おすすめの電子書籍アプリ5選

趣味・美容

年々高まっている電子書籍のニーズ。話題の新刊から雑誌、何度も読み返したいお気に入りの本まで、自宅や好きな場所などでありとあらゆる本や雑誌が読める電子書籍アプリは、身近な存在になりつつあります。
そこで今回は、スマートフォン端末でも読めるおすすめの電子書籍アプリ5選を紹介します。

amazonが展開する「Kindle電子書籍リーダー」


画像:App Store Kindle
ネット通販のamazonが展開するサービス「Kindle電子書籍リーダー」。Kindleの専用端末はもちろんのこと、アプリをダウンロードすればスマートフォン端末でもアプリ内で閲覧が可能です。

Kindle限定で配信されている本や無料の漫画雑誌もあります。日本国内の漫画や雑誌、小説や文庫本などのほか洋書までも取り揃えており、さまざまなジャンルの本・雑誌が読みたい人におすすめです。

購入した本を整理するためのコレクション機能を使用しクラウド上に同期することで、スマホで読んでいた本の続きをKindle専用端末でも読むことができるなど、機能面も充実。定額・買い切りのどちらにも対応している点もポイントです。
参考:amazon

書店でのポイント利用もできる「honto」


画像:App Store honto
「honto」の最大の特徴は、電子書籍の購入やあしあと機能を使用した際にアプリ内でたまる独自のhontoポイントを、アプリと連携しているリアルの書店でも使える点。たまったポイントは、店頭・電子書籍の購入の際に1ポイント1円として使用可能です。

キャンペーンクーポンの配信・通知もあるので、割引価格にて電子書籍を購入できるチャンスを逃さない点もメリットとして挙げられます。本を読んでいる最中に分からない単語や言葉が出てきても、文字を選択することでアプリの機能によってウェブでの検索を代行してくれます。電子書籍もいいけれど、紙の本も読みたいという方におすすめのアプリです。
参考:honto

書店が展開する「紀伊國屋書店Kinoppy」


画像:App Store 紀伊國屋書店Kinoppy
「紀伊國屋書店Kinoppy」は、紀伊国屋書店が展開する電子書籍サービスです。漫画やコミック、文芸書やビジネス書のほか若年層に人気のライトノベルや雑誌なども取り揃えています。

Kinoppyの特徴は、他社の電子書籍リーダーで購入した本でも読み込みが可能な点。1つ目と違う電子書籍アプリを使ってみたい、という人におすすめです。また、アプリだけでなくパソコンでも購入した本を読むことが可能。無料で読める書籍や人気のあるコミックの無料キャンペーンなども随時実施しており、電子書籍が初めての人でも手軽に楽しむことができますよ。”
参考:紀伊國屋書店Kinoppy

無料漫画が多数読める「LINEマンガ」


画像:App Store LINEマンガ
アプリ内で無料連載している漫画から雑誌に連載中の漫画まで、多数の漫画作品を読むことができる「LINEマンガ」。一定期間やキャンペーンなどで、試し読みや実際の連載漫画を無料で数巻分開放していることもあるため、利用方法によっては毎月の使用料金を抑えることも可能です。

LINEマンガ内でしか読めないオリジナル作品も数多く揃っており、漫画が好きな人におすすめの電子書籍アプリです。条件に合致した漫画を購入・購読することで、チャットアプリ・LINE内のトークなどで使えるスタンプがもらえるという特典もあります。
参考URL:LINEマンガ

紙の本をめくる感覚で読める「SideBooks」


画像:App Store SideBooks
これまで紙の本に親しんできた人や紙の本が好きな人におすすめのアプリが「SideBooks」です。紙の本のページをめくっているようなリアルなカールアニメーション機能を搭載しており、まるで実際の紙の本を扱っているような感覚で読むことができる点が特徴。

テキスト検索機能や階層型に対応した目次機能、手書きメモ機能など機能面が充実しています。そのほか、電子書籍だけでなくPDFなど5種のデータ形式に対応。ペーパーレス化が進むビジネスシーンでも利用可能な点がポイントです。クラウド上に保存したデータをアプリへ転送することも可能です。
参考URL:SideBooks

まとめ

おすすめの電子書籍アプリを5つ紹介しました。スマホやタブレットなどでも本が読める電子書籍なら、書店に行く手間が省けて時短にも繋がりますよ。中には読書ツールとしてだけ機能するのではなく、ビジネスシーンでも活用できる電子書籍アプリもあります。人気作が読みたい人や話題の本の情報が欲しい人は、ぜひ電子書籍アプリ活用してくださいね。

nino

加工食品業界新聞や出版社の編集・ライター、サービス業、などを経験し、現在はフリーランスにて、さまざまなジャンルで活動している1男1女を持つママライター。 愛...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事