短い社会人の夏休みでも充実した日々を過ごせるアイデア3つ

趣味・美容

社会人になると、会社の規定や業務の都合上、あまり長期間の夏休みをとることは難しくなってきます。そこで今回は数日間の夏休みでもできる、女性にオススメの過ごし方をご紹介します。

ダイビングライセンスを取りに行く

夏の時期にオススメなのがダイビングライセンスを取得すること。水温もちょうどよく、気持ちいい中でレッスンを受けることができます。ライセンスとなると長期間かかりそうなイメージですが、沖縄では2日あれば取れてしまうスクールもあるそう。意外と短期間で取れるんですね。国内でもライセンスを取得することができます。スクールが集中しているのは伊豆や沖縄など海が綺麗かつ観光名所がたくさんあるところなので、自由時間でも暇な思いをすることはありません。
ここでライセンスを取得しておけば、今後趣味としてでも、海外旅行に行った際でもダイビングを楽しむことができますよ。

プログラミングを習いに行く

小学校でも必修科目となったプログラミング。身につけるとアプリケーションやウェブサイトを自分の好きなように動かすことができます。また、プログラミングは、転職の際にも非常に有利になる技能です。
そんなプログラミングは、習得するまで時間がかかるという印象がありますが、毎日忙しく時間が限られている社会人向けに、1週間でも勉強することができる講座もあるのです。1週間の間に集中して知識を詰め込むので、慣れるまでは頭がいっぱいいっぱいになってしまいますが、講座が終わる頃には大きく成長していることを感じることができるでしょう。
業務などで急にプログラミングする必要ができた時、自信を持って受け持つことができると、社内でも重宝される存在になれますよ。

短期留学に行く

短期間で自身の成長を目指す方には短期留学がオススメ。セブ島など日本から行きやすい土地で、最短2泊3日から留学をすることができます。たったこれだけでは意味がないのではないかと思われるかもしれませんが、語学学校で授業を受けつつ、毎日英語を聞いて話す環境にいるので、身につくスピードがとても早いです。また、留学先で授業がない日や放課後などは、観光もできるので海外旅行感覚で行くことができますよ。語学学校には世界中の人が集まるので、たくさんの国の友人ができるでしょう。短期間ですが、とても充実した日々を送ることができますよ。

いかがでしたか

社会人の夏休みは学生に比べるととても短いですが、その中でもできることはたくさんあります。今年の夏休みに何をしようか悩んでいるかたはぜひ参考にしてみてください。

サイトウ サオリ

17,760 views

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事