【新入社員のボーナス】いつもらえるの? もらえる時期と金額とは

給与・ボーナス

社会人にとって年に2回の楽しみといえばボーナスですね。旅行や買い物、親孝行など様々な使い道が思い浮かびます。
新入社員の皆さんは、ボーナスがいつからどのくらいもらえるのかご存知でしょうか?新入社員のボーナス事情について詳しく説明しながら、ボーナスを有効に使う方法についてもお話します。

そもそもボーナスって?

ボーナスとは、給料とは別に支給される「特別賞与」のことです。金額は会社の雇用に関してのルールを定めた就業規則や、会社が社員に支払う賃金について定めた労働契約に詳細が書かれています。一般的に、夏と冬の年2回支給されます。

ボーナスが支給される時期

夏の分は6月下旬から7月上旬、冬の分は12月上旬から中旬の間に支給されるのが一般的です。会社によってばらつきがあるので、詳しい支給日は直接会社に聞いてみましょう。

新入社員の初ボーナス 金額平均は〇万円

夏に支給される新入社員の初ボーナスは、平均して5~10万円程度だといわれています。一般的なボーナスの金額とは、基本給の2カ月分程度が平均的なようですが、新入社員の場合は金額が少なくなっているようです。

新入社員の夏のボーナスが少ない理由とは?

ボーナスには支給額を決めるための「評価」する期間があります。言いかえると、ボーナス査定期間(対象期間)です。会社は、一定の期間の働きぶりを評価し、ボーナスをどのくらい支給するか決定します。

夏のボーナスは、一般的に前年の10月から今年の3月までがボーナス査定期間です。そのため、今年4月に入社した新入社員の場合は、査定期間外となり、満額は支払われないということになります。
そのため、新入社員の夏のボーナスは、「寸志」「金一封」程度に留められるのです。

新入社員のボーナス 冬になれば増額も!

一方、冬のボーナスの査定期間は4月から9月となります。そのため、冬は満額のボーナスを受け取れるのではと期待する方も多いことでしょう。
ですが、新入社員への冬のボーナスは、多くの企業が給与1カ月分と同額などの減額支給に留めているようです。

勤続年数が長くなり、任される仕事が安定してきたら徐々に金額がアップし、3年目の冬でようやく満額になるように設定している企業もあるほどです。
金額アップが少しでも早まるよう、日々の業務で働きが認められるよう頑張りましょう。そして、あなたの努力の結晶である貴重なボーナスを有意義なことに使いましょう。

FPが考える、ボーナスの使い方ワースト4

ボーナスが入るのはワクワクしますが、何も考えずに使ってしまえば、後悔につながることもあります。ここでは、ボーナスのよくない使い方を4つお話します。

①ボーナスが入ることを前提に、カードでいろんなものを購入する

当たり前のことですが、ボーナスの金額はもらってみないとわかりません。ですから、ボーナスを受け取る前に無計画にカードで決済することのないよう注意が必要です。
後から決済額を見てびっくり、なんてことになったら、その後の生活費にまで影響しかねません。

②贅沢な旅行に申し込みをする

実際のボーナスの使い道としては、一見、自分へのご褒美と感じるものも内容をよく考えて使いましょう。
例えば、旅行は、旅行の支度・お土産など関連する出費が少なくありません。予想以上にお金がかかりがちですので、贅沢すぎる旅行は控えた方が賢明です。

③ブランドもののバック、服、靴を購入する

ずっと欲しかったブランド品は、ボーナスで買いたくなるかもしれません。
しかし、いざ手に入れてみると自分の持ち物とコーディネートするとバランスが悪く、結局はタンスの肥やしとなる可能性があります。買うのであれば、コーディネートまで考えて、活用できるものを買いましょう。

④贅沢なエステ、美容品を購入する

エステはリッチな気分を味わえますが、一時だけの自己満足となりかねません。刹那的な使い方で、大事なボーナスが台無しになることのないよう気をつけましょう。

ボーナスが入ったときを想像して、上記のような使い方が頭に思い浮かんだ場合は、少し立ち止まって考えてみるといいですね。

FPがオススメするボーナスの使い方

あなたの頑張りが評価されて受け取るボーナスです。使い方は計画的にするのがポイント。まずは、「ボーナスは、入金額を確認してから使う」ようにしましょう。
そして、実際にオススメする使い方は以下の3つです。

①ただちに必要なもの、やりたいことがなければ、ボーナスは全額貯蓄する

「なんだ、ボーナスも貯金するの?」と少しがっかりする方もいるかもしれません。
しかし、ボーナスはまとまったお金です。貯蓄にまわすと貯蓄額がドンと増え、あなたの心の満足感、安定感が違ってきます。今、ただちに必要なこと、やりたいことがないのであれば、まずは貯蓄することをオススメします。

②欲しいもの、やりたいことがあっても、ボーナスの半分は貯蓄する

毎月のお給料は生活費でほとんど使ってしまうとすれば、ボーナスでは欲しかったものや、やりたいことに使いたいと思うのは当然でしょう。
しかし、全部使ってしまうのはオススメできません。使うとしても半分までにして、あとの半分は貯蓄にまわします。いざという時の備えをしておくのも、社会人として必要なことです。

③全てのボーナスを使う場合、後に資産となる使い方を考える

もしボーナスを使うのであれば、金融商品で投資をしたり、自分自身を高めるための自己投資としての勉強をしたりするのはいかがでしょうか。
買物などでお金を使えばその分減りますが、投資として使うなら、後に資産となって価値を増やすこともできます。

あるいは、日ごろの感謝を周囲に伝えるプレゼントなど、自分自身や周囲が豊かになる使い方がオススメです。

まとめ

ボーナスはあなたの頑張りの結晶です。消費的に使うのではなく、しっかり貯蓄して、心の満足感、安定感を高めましょう。もし、ボーナスを使うのであれば、あなたの自身を豊かにする最適な使い方を考えるようにしましょう。

舟本 美子

「大事なお金の価値観を見つけるサポーター」 会計事務所で10年、保険代理店や外資系の保険会社で営業職として14年働いたのち、FPとして独立。 あなたに合った...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事