副業として始めるなら知っておくべきYouTuberの収入の仕組み ヒット作品に学ぶテクニックも紹介

給与・ボーナス

今や子どものなりたい職業ランキングの上位に出てくるYouTuber(ユーチューバー)。
大人だって、好きなことを動画で発信して、お金が稼げたら嬉しいですよね。「副業でYouTuberになりたい!」と考える人もいるでしょう。
でも、YouTuberってどうしてお金が稼げるのでしょうか。収入の仕組み、ご存知ですか?

今回は、副業として始めるなら知っておくべきYouTuberの収入の仕組みを大公開!合わせて、副業YouTuberでも使える「ヒット作品に学ぶテクニック」もご紹介します。

YouTuberの収入の仕組み

動画をYouTubeに投稿すること自体は、誰でもできます。しかし、投稿した動画で収入を得るには、いくつかのハードルがあります。

YouTubeで収入を得るには、YouTube が提供する「YouTubeパートナープログラム(YPP)」に申し込み、参加を認められる必要があります。これが結構大変。

というのも、参加には

①「チャンネル登録者数1000人以上」
②「公開している動画の総再生時間が4000時間以上」

の両方を達成しなくてはいけないからです。

ちょっと2、3本投稿してみた、という程度では全然足りませんね。
多くの人が見たい動画をアップしつづけて、自分の評価を高める必要があるでしょう。

晴れてYouTubeパートナープログラムに参加できれば、Google AdSense(グーグルアドセンス)という広告配信サービスを動画に組み込むことができるようになります。
これにより、動画に広告が表示されるようになり、再生回数に応じて広告収入がもらえるようになる、という仕組みです。

とはいえ、広告の単価は1再生あたり0.01円から0.5円程度とされています。
たとえばもし0.1円だったら、1万再生でようやく1,000円です。広告の種類などさまざまな条件で変動するようですが、1万回再生のハードルを考えれば安く感じるかもしれませんね。

副業としてYouTuberをはじめて収入を得るまでには、かなりの努力が必要とわかります。

でも、努力を続ければさらなる収入が得られることも。
企業から直々に「広告を出したい」「商品を宣伝してほしい」というオファーが舞い込むこともあるでしょう。こうなれば、あなたも立派なYouTuber。一気に数十万円以上稼ぐことも不可能ではないでしょう。
企業案件のお仕事依頼がくるチャンネル登録数の目安ですが1万人以上でしょうか。ハードルが高いのですが、副業でYouTuberを志すなら、ぜひたどり着きたい高みといえるでしょう。

YouTuberの収入の仕組みがわかったら、動画を作ってみたくなりますよね。
YouTubeのヒット作品には、さまざまなテクニックが駆使されています。
人気を集める動画づくりのポイントを心得ている人は、おそらくビジネスシーンでも上手なプレゼンができる人だと思います。どちらにも、見る人の心をつかむ、共通したテクニックがありますので確認してみましょう。

NEXT:「YouTubeのヒット作品に学ぶテクニック」

頼藤 太希

(株)Money&You代表取締役/マネーコンサルタント 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Mone...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事