新年早々悩む「お年玉の金額問題」、これでもう悩まない!

貯金・家計

お正月に欠かすことができない伝統的文化の一つ、お年玉。子どものころは楽しみだったのに、大人になるととても億劫になりますよね。ましてや、自分の兄弟の子ども、親戚の子にはいくらあげればいいのか迷ってしまいますよね。お年玉の金額の目安とはいったいどのくらいなのでしょうか。

入園前・幼稚園の子への目安

入園前:500~1000円
幼稚園:1000~2000円
このくらいの小さい子にはお金を直接渡すのではなく、おもちゃなどを代わりに贈り、お金はご両親に渡すという方法もありますね。

小・中学生への目安

小学校低学年:1000~3000円
高学年:3000~5000円
中学生:5000円
多くても5000円くらいですね。中学生のころはあまりお金を使うこともないのでちょうどいいのではないかと思います。

高校生・大学生への目安

高校生:5000~10000円
大学生:10000円
しかし一方、バイトで稼いでいるからあげない、あげても20歳までという意見もありました。高校生、大学生はアルバイトにより大きな金額を稼いでおり少し金銭的に余裕があるとみこして少なめに渡す、という方も。ご自身の価値観や意見を大事に、お年玉の有無や金額を決めてください。

いかがでしたか

お年玉の金額の目安をご紹介しました。しかし、大切なのは金額ではなく気持ちであると思います。特に小さい子に対してお金を上げるのは少し気が引ける、という場合にはこの平均価格分のおもちゃなどで代用しても、きっと喜んでもらえるのではないでしょうか。お正月は普段会えない人と会える機会でもあります。素敵なお正月をすごしてください。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事