ただ歩くだけじゃもったいない! 歩いて得するアプリ・サービス5選

貯金・家計

 運動不足解消のために会費を払ってジムに通っていませんか?忙しいと行けないのに、会費だけ引き落としになって憂鬱になっている人も多いはず。
そこで注目したいのがスマホの歩数計アプリの普及に伴って増えてきている「歩くだけでゲットできる」ポイント。歩くことで健康になりながら、ポイントも貯まるサービスを紹介します。

【「Coke ON」(日本コカ・コーラ)でドリンクゲット!】

 アプリに対応した自販機でドリンクを購入するとスタンプがたまるアプリ「Coke ON」。このアプリの「Coke ON ウォーク」というサービスを使うと、歩くことでもスタンプがたまります。1日あたりの歩数目標を5000~12000歩の間で決めたら、あとは歩くだけ。1週間の歩数目標を達成すると、スタンプを1個獲得できます。スタンプが15個たまれば対象自販機で交換できるドリンクチケットがもらえます。

【アプリ「RenoBody」(ネオス)でWAONが貯まる!】

 アプリ「RenoBody」をダウンロードして「smart WAON」と連携すると一日8000歩で1WAON POINTが貯まります。1WAONは1円相当になるので30日達成したら30円ですが、歩数データがグラフで見ることができ当日の目標までに必要な距離をマップで確認することもできるのが魅力です。期間限定でポイントがもらえるキャンペーンも実施しているのでこまめにチェックしてみましょう。

【アプリ「吉野家公式アプリ」(吉野家)でクーポンがもらえる!】

 ダウンロードするだけで何かしらの割引クーポンがもらえますが注目したいのが「歩く割」。スマホの歩数計アプリと連動させ、必要なポイントを達成すればその割引クーポンがもらえます。ログインすれば100ポイント、3000歩で150ポイントほどです。そして、3000ポイントで生野菜サラダ30円引きクーポンなどがもらえます(その時によって商品は変わります)。

 30日ログインで3000ポイント、1日9000歩として450ポイント×30日=13500ポイント。合わせて16500ポイントぐらいは貯められそう。割引クーポンも150円分くらいはゲットできそうです。

 参加申込するだけでもらえるクーポンもあるので、吉野家によく行く人は活用したいアプリです。

【電気料金「あるく・おトク・でんき」(イーレックス・スパーク・マーケティング)で電気代が割引!】

 電力自由化で電気の購入先を選べるようになりました。イーレックス・スパーク・マーケティングの「あるく・おトク・でんき」プランは、歩数に応じて電気料金が割引になります。
関東エリアで4人家族月450kWh電力使用使用の場合、1日平均8000歩を歩くと1か月400円おトクになります。また、体重計で有名なタニタの「からだカルテ」という健康管理サービス(歩数管理のみのライトメニューは月580円)を無料で利用できるのでダブルでおトクです。

【保険「あるく保険」(東京海上日動あんしん生命)で保険料キャッシュバック!】

 ポイントではありませんが、歩くと保険料の一部が返ってくる「あるく保険」もあります。1日あたりの平均歩数が8000歩以上となる期間に応じて(6ヶ月ごと判定)2年後に健康増進還付金がもらえます。HPによると30歳男性で日額1万円の医療保険で月払い保険料3100円、6ヶ月ごとの判定にすべてクリアすれば2400円の還付金。総保険料の3.24%ほどですが保険料キャッシュバックと健康をダブルでゲットできます。

【まとめ】

 特に何もしなくても「歩く」という日常生活を送るだけでポイントがたまるサービスが増えてきました。ただ歩いて健康とポイントや割引をゲットできれば一挙両得です。楽しみながら、自分のお気に入りの「歩くだけポイントサービス」を探してみてください。

稲村 優貴子

ファイナンシャルプランナー(CFP?)、心理カウンセラー、ジュニア野菜ソムリエ 大手損害保険会社に事務職で入社後、お客様に直接会って人生にかかわるお金のサポ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事