【実家暮らし】毎月の貯金の目安はいくら?貯金のコツも徹底解説!

貯金・家計

実家暮らしは一人暮らしと違ってお金を貯めやすいので、なるべく貯金を増やしていきたいですよね。

一般的に実家暮らしをしている人は、どれくらい貯金をしているものなのでしょうか。目安となる貯金額を知っておけば、毎月貯金をしやすくなりますよね。

そこで今回は、実家暮らしの貯金額について解説しながら、うまく貯金していくコツも併せてご紹介していきたいと思います。

実家暮らしと一人暮らしの割合は?

実家暮らしをしている人と、実家を離れて一人暮らしをしている人は、それぞれどのくらいの割合なのでしょうか。

国立社会保障・人口問題研究所」の調査によれば、日本における実家暮らしをしている未婚者の割合は、女性が約78%、男性が約72%です。意外と実家暮らしをしている人が多いことがわかります。

実家暮らしの貯金事情

では、実家暮らしをしている人は、普段いくらぐらい貯金をしているものなのでしょうか。貯金額の目安や平均額を見ていきましょう。

実家暮らしの毎月の平均貯金額は?

2015年の「SUUMO実家暮らし調査」によれば、20~24歳の実家暮らしの男性は毎月3万7,714円、女性は3万4,117円貯金をしています。25~29歳では男性が4万1,327円、女性は5万4,222円です。

給与額が毎月約25万円(平成28年の民間給与実態統計調査を参考)だとすると、実家暮らしの人は給与の1~2割を毎月貯金していることになります。

実家暮らしのほうが貯金はしやすい

実家暮らしの人は、比較的貯金をしやすいことは間違いないでしょう。実家暮らしをしていれば、一人暮らしの場合にかかる家賃や光熱費はかかりませんし、食費も基本的には昼食代しかかかりません。

大学卒業後から5年間貯金した場合の差を見てみましょう。月給は25万円、実家暮らしは給与の15%(37,500円)を貯金、一人暮らしは支出が多いため5%(12,500円)を貯金するとします。

1年目:実家暮らし45万円、一人暮らし15万円
2年目:実家暮らし90万円、一人暮らし30万円
3年目:実家暮らし135万円、一人暮らし45万円
4年目:実家暮らし180万円、一人暮らし60万円
5年目:実家暮らし225万円、一人暮らし75万円(150万円の差)

実家暮らしと一人暮らしでは、このように貯金額に大きな差が出ます。これはあくまでも例ですが、毎月の支出額を考えれば、実家暮らしのほうがお金を貯めやすいことは明らかです。

実家にはいくらお金を入れてる?

株式会社マイナビの「新社会人白書2017」によれば、「社会人が家に入れたいお金」の第1位は3万円です。実家に入れる金額で迷ったときは、これを目安にするといいかもしれませんね。

ちなみに、実家に入れたいお金の第1位から第5位までは以下のとおりです。

第1位 3万円(29.0%)
第2位 2万円(24.0%)
第3位 1万円(16.4%)
第4位 5万円(9.2%)
第5位 4万円(5.0%)

NEXT:「実家暮らしで貯金をするコツは?」

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事