結婚前にはいくら貯金すればいい?結婚前に必要な貯金額とは

貯金・家計

結婚する前に、貯金額について悩むカップルは多いものです。
どれくらい貯金すればいいのか、逆に貯金がいくら以下だと結婚すべきでないか、そして実際の結婚費用はどれくらいかかるのか……悩むポイントはたくさんありますよね。

実際のところ、幸せな結婚をするためにはお金がかかります。一生に一度のウェディングだからこそ、後悔のないようにしたいものです。そこで今回は、結婚前に必要な貯金の額、結婚の際にかかる費用などを解説していきたいと思います。

結婚に必要な予算とは

まず、結婚の際に必要な費用を見ていきましょう。結婚する前、結婚費用の予算としていくらくらいを考えておけばいいのでしょうか?結婚前に結婚費用を計算する際は、以下のポイントに注目するといいでしょう。

結婚式にかかる平均予算は約355万円

まずは、結婚式そのものにかかる費用の平均を見てみましょう。

結婚式は、「挙式+披露宴」という形式が一般的です。挙式と披露宴の費用を合わせると、平均は355万円です。

ただし、これはあくまで平均費用であり、たくさんのゲストを呼ぶ場合はさらに多くの費用がかかり、ゲストが比較的少ない場合は、これよりも費用は少なくなります。

新婚旅行にかかる費用は50万~70万円が最多

結婚する際は、新婚旅行の費用も考えなければなりません。

「みんなのウェディング」が実施したアンケートでは、新婚旅行に50万~70万円かかったと回答した人が最多でした。ただし、新婚旅行にこれ以上の費用をかける人もいますし、逆にもっと安く済ませる人もいます。

婚約指輪の予算は平均36.8万円

結婚する前にかかる費用には、婚約指輪代もあります。

首都圏で実施されたアンケートでは、婚約指輪の予算は平均36.8万円でした。昔は婚約指輪の相場は「給料の3ヵ月分」と言われていましたが、最近は20万~30万円が一般的になっているようです。

結婚前の平均的な貯金額

ざっと考えただけでも、結婚にはかなりお金がかかることがわかります。結婚前は、貯金を増やしておくことに越したことはないでしょう。

では結婚する人は、結婚前にいくらくらい貯金をしているものなのでしょうか?参考として、一般的な男女の平均貯金額を見ていきましょう。

独身女性の平均貯金額

まずは、独身女性の平均貯金額です。

平成26年度に実施された全国消費実態調査によると、独身女性の平均貯金額は1,279万円です。「意外と多い!」とびっくりしている人も多いでしょう。

ところが、全体の20%の独身女性は貯金が200万円未満です。平均貯金額は確かに多いですが、5人に1人は貯金が少ない状態で結婚していることがわかります。

独身男性の平均貯金額

独身男性の平均貯金額は、1,118万円です。女性よりも平均貯金額が少ないことを、意外に思った人もいるかもしれません。

男性の場合も、全体の30%は貯金が200万円未満です。つまり、3人に1人は、貯金が200万円未満の状態で結婚していることになります。

年齢別の平均貯金額

次に、年齢別の平均貯金額を見てみましょう。金融庁が実施した「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]」によると、20代~60代の貯金額の平均は以下のとおりです。

20代:106万円
30代:359万円
40代:564万円
50代:926万円
60代:1,335万円

参考データ:金融庁「家計の金融行動に関する世論調査[単身世帯調査]

続きを読む
1 / 2

C・M

ライター歴4年、フリーランスのWEBライター。 恋愛テクニックやノウハウ、さらにデートスポット、飲食店等の店舗紹介をします。

プロフィール

監修者: 北野 小百合

株式会社インヴァランス 1992年生まれ。法政大学文学部卒業。2015年に株式会社インヴァランスに入社。入社一年目、23歳のときにマンション投資を始める。 ...

プロフィール