【節約術】語学留学の費用を抑えるアイディアまとめ

貯金・家計

語学留学は、それなりに高額になるものです。だからこそ、節約できる部分ではできるだけ節約したいもの。ここでは語学留学の費用を抑える方法をご紹介するので、これから語学留学を考えている人はぜひ参考にしてくださいね。

生活費や学費が安い国に留学する

留学費を抑えるための一番のポイントは、国選びです。例えば英語を学ぶのであれば、アメリカやイギリス、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドがメインの留学先となります。ただし、これらの国に留学するのは決して安いとはいえません。生活費しても学費にしても、やはりそれなりの出費は覚悟しなければいけません。

それに対し、フィリピンやフィジーなどへの留学であれば費用は大幅に抑えられます。実際にこれらの国に留学する日本人は多く、一気に語学力を伸ばした人もたくさんいます。ネイティブにこだわらないのであれば、留学費の節約には一番の方法だといえるでしょう。

航空券が安い時期を選んで渡航する

同じ国、同じ都市に渡航する場合でも、時期によって航空券の値段は大きく変わります。渡航時期をずらせない場合もあると思いますが、可能であれば航空券が安い時期を選んで渡航するといいでしょう。とくに年末年始やゴールデンウィーク、お盆などのハイシーズンはできるだけ避けることをおすすめします。

無料エージェントを使って手数料をカット

留学エージェントには「有料エージェント」と「無料エージェント」の2種類があるということはご存じでしょうか。有料エージェントを利用するためには手数料を支払う必要があるため、数十万は覚悟しなければいけません。

それに対し、無料エージェントは手数料ゼロ。これは、無料エージェントは生徒を紹介することで、語学学校側からお金をもらっているためです。無料エージェントでも語学留学をするために最低限必要なサービスはきちんと提供しているため、節約したいのであれば無料エージェントを利用するといいでしょう。

キャンペーンをしている語学学校を選ぶ

語学学校によっては、時期に応じてキャンペーンを行っています。とくに長期の語学留学であれば、キャンペーンを利用することによって数十万円節約できることも。自分が渡航する時期にキャンペーンを行っている語学学校がないかどうか、利用するエージェントに問い合わせてみるといいでしょう。

住むのはホームステイよりシェアハウス

語学学校といえばホームステイと思うかもしれませんが、デメリットは、費用が高いということ。ほとんどのホームステイでは食事も提供されますが、それでも安いとはいえません。そのため、節約を優先するのであればホームステイよりシェアハウスがおすすめです。

ホームステイは現地の家族と触れ合えるのが大きなメリットですが、シェアハウスではいろいろな国の人と交流できるという違うメリットがあります。もちろん、シェアメイトたちと会話することによってしっかり語学力を伸ばすことができますよ。

現地で勉強をしながらアルバイトする

語学学校に通いながらアルバイトをすれば、トータルの出費はかなり抑えられます。週に15時間ほどのアルバイトでも、トータルでは大きな差になることでしょう。さらに、海外でのアルバイトは本人にとって価値のある経験になるというのも大きなポイント。語学力が伸びるだけではなく、その国の文化を知ることにもつながります。節約しながらいろいろなことを学べるので、まさに一石二鳥ですね。

ただし、注意したいのは、ビザの条件によっては就労が禁止されているということ。また就労時間に制限がある場合もあるので、アルバイトをしたいと考えている場合は、あらかじめ調べておくようにしましょう。

まとめ

語学留学の費用は、工夫次第でかなり節約できます。
とはいえ、一番大切なのは自分が満足できる語学留学にするということです。まずは自分の中で譲れる部分と譲れない部分を決めて、そのうえで節約方法を考えてみましょう。

SUE

大学卒業後、2年間の正社員生活を経てオーストラリアへ。 2019年、会計学の修士号を取得。 現在は、マネー系をはじめとして旅行、美容、語学など幅広いジャンル...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事