電力自由化から2年 オススメの電力会社を徹底比較

貯金・家計

2016年4月からはじまった電力自由化から早いもので2年が過ぎました。電気代が安くなるなら電力会社を切り替えたいと思いながらも、新しく参入した電力会社が多く、どう選んだらいいのかわからず、選べないでいるという人も少なくないでしょう。
ここでは、電力会社の選び方についてお伝えしていきます。

そもそも電力自由化ってなんだっけ?

電力自由化により、従来の地域ごとの大手電力会社だけではく、一般家庭を含むすべての人やさまざまな会社が電力を販売することができるようになり、私たち消費者も販売会社を自由に選択できるようになりました。
それまでとは別の電気の販売会社に切り替えることをスイッチングと呼びます。資源エネルギー庁の「電力小売全面自由化の進捗状況」によれば、2018年3月末時点での新電力会社への契約先の切り替え(スイッチング)の件数は約16.2%(約1013万件)となっています。

電力会社の選び方

スイッチングしても今までと同じ電気網を利用するので、電力会社によって電気の品質が異なる、停電になるなどはありません。つまり、電力会社を変えても電気の品質や供給などは今まで通りです。したがって、電力会社を選ぶ際に見るポイントは「電気料金プラン」と「付帯サービス」です。

従来の大手電力会社では、電気料金は基本料金と電力量料金(従量料金)で成り立っています。
スイッチング先の選び方は、まず電気料金が他の電力会社に切り替えると安くなるのかどうかを確認します。電気料金が安くなるかどうかは、気になる電力会社のサイトより確認する、もしくは電気料金比較サイトより基本料金、電力量料金を比較するのがオススメです。
次に、付帯サービスをチェックします。電気料金プラン・付帯サービスをトータルで考えたうえで、切り替えるメリットがあるかどうかがポイントです。

FPのオススメ電力会社

電力会社は住んでいるエリアによって選べる電力会社が異なるうえに、電気の使用量、ライフスタイルによりメリットがある電力会社はそれぞれですが、ケースごとに3つオススメの電力会社を紹介します。

●シンプルでわかりやすい料金プランが良い人
「Looopでんき」
基本料金が0円、解約違約金0円、契約期限の制限がありません。太陽光発電関連の会社が運営していることもあり、自然エネルギーも利用でき「エコ」が身近に感じられます。
基本料金が0円なので、特にアンペア数が高いご家庭は電気料金が安くなる可能性は大きいです。
さらに、住宅用太陽発光発電システムが設置されていれば、自宅の屋根で発電した電力をLooopに供給することで通常従量料金よりも1円/kWh下がるソーラー割りなどの割引プランがあります。

●車の使用が多くガソリン代が気になる人・マイルを貯めたい人
「ENEOSでんき」
2年以上の長期利用で電気料金が割引になります。付帯サービスとしてENEOSカードで電気代を支払うことで、ガソリン・軽油代が最大8円/ℓ引きになります。またクレジットカードでの支払いでクレジットカードのポイントが貯まりますが、ANAカード、ビューカード、ティーエスキュービックカード、レクサスカード、エポスカード、エムアイカードの特別提携カードでの支払いで通常よりもおトクにポイント・マイルが貯められます。よく利用する石油会社で電気料金がどれくらい安くなるかチェックしてみるのもオススメです。

●旅行が好き人にはこんなプランがおすすめ
「H.I.S.でんき」
料金プランはシンプルで、30アンペア以上であれば5%オフになり電気料金がおトクになるうえに、旅行料金がいつでも最大3000円割引となります。

このようにライフスタイルによっておトクになる付帯サービスがある電力会社を選ぶとよいでしょう。電気料金は切り替えのメリットが小さくても、付帯サービスでのメリットが大きいのであれば選択するのもオススメです。

まとめ

料金プラン、付帯サービスなどを比較し自分に合った電力会社を選びましょう。その際に注意したいのが、電気の使用量によっては切り替えることにより割高になるケースもあることです。シミュレーションをするなど、料金プランはきちんと確認しましょう。
また、電力会社によっては1年以内に解約すると違約金がかかるものもありますので、契約内容もきちんと確認して選ぶことも大切です。

今関 倫子

ファイナンシャルプランナー 外資系保険会社勤務中に、AFP資格取得後、独立系FP事務所に転職。ファイナンシャルプランナーとして活動し、女性を中心に年間のべ2...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事