知らないと損してる!医療費控除の仕組み

介護・医療

毎年年明けを迎えるころからあちこちで耳や目に入る「確定申告」の言葉。中でも注目しておきたいのが医療費控除です。1年を通してちょこちょこかかっていた医療費が、実は控除の対象になっていて現金が戻ってくるということもあるかもしれません。ここでは医療費控除の基本的な情報についてお伝えしていきます。

医療費控除って何?

医療費控除は毎年1月1日から12月31日をひとくくりの期間として、10万円以上の医療費や対象となる項目の医療費が対象になり、確定申告をすることで既に支払っている税金が引かれたり、現金として手元に戻ってきたりすることをいいます。総所得金額が200万円未満の場合は、その5%を超えると対象になるのでさらに対象金額が低くなります。10万円もお医者さんにお世話になっていないと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と知らない対象となるものもありますので知っておくと便利です。

医療費控除の対象となるもの

医療費控除の対象となるものには、病院にかかったときの診察代・治療代、処方された医薬品の代金、入院費、入院した際の部屋代や食事代などがあります。その他にもあまり認知されていない対象項目がありますのでご紹介します。

・通院費
病院へ通院するときの公共交通機関の費用が対象になります。バスや電車で通院している方はメモに残しておくと申請時に便利です。自家用車で通院した場合のガソリン代や通行料、駐車場代は対象となりません。

・医薬品の購入
風邪をひいてドラッグストアで風邪薬を購入した金額も対象となります。健康増進のために服用するビタミン剤やサプリメントなどは対象となりません。

・治療用の眼鏡、コンタクトレンズ代
白内障・緑内障・斜視・弱視の治療のために購入する眼鏡やコンタクトレンズは医療費控除の対象となります。最近知られるようになった角膜の形状を矯正するオルソケラトロジー治療に使うコンタクトレンズももちろん対象となります。近視や遠視のための眼鏡やコンタクトレンズは治療ではないので対象外です。

・介護用おむつ
6か月以上寝たきりでトイレに行くことが困難である場合、毎日使用するおむつ代も医療費控除の対象となります。

・人間ドック、健康診断の費用
基本的に治療目的ではないので、医療費控除の対象ではありません。しかし、人間ドックや健康診断の結果を受けて病気が見つかり、治療を受けることになった場合は対象となります。

必ず領収書などの書類をとっておきましょう

医療費控除の申請をする際は病院や薬局でもらう領収書の原本が必要です。また、購入したものに関してはそのレシートが必要です。交通費の場合はメモに残して一覧にしておくと申請するときに慌てる必要がありません。塵も積もれば山となるという言葉があるように、知らず知らずの間にかかってしまっているのが医療費です。申請するのもそれほど手間ではありません。まずは対象となるものを知って、書類をとっておくことから始めてみましょう。

関連記事一覧