インベスターZを見るべき3つのメリット マネードラマの楽しみ方

マネーケア

資産運用のために金融知識をゼロから学びたい方にとって、見るメリット大のお金に関するテレビドラマ「インベスターZ」が始まりました。
今回は人生やお金への教訓満載のインベスターZの魅力と楽しみ方を紹介します。

インベスターZは単なる学園ドラマじゃない

2018年8月から放送が始まっている「インベスターZ」は、物語の舞台となる学園の優秀な高校生6人が、学園運営資金を稼ぐべく投資に挑むお金に関するテレビドラマです。

ドラマとして楽しみながら、投資のコツはもちろん、経済史やお金の話を通じての人生教訓、さらには生き方まで考えるきっかけを与えてくれる内容です。
これまで投資やお金に無関心だった方も、考え方を180度、変えてしまうドラマかもしれません。

株式投資や不動産投資、働き方など経済に関する様々なテーマを通して「投資をしないやつは死ぬ」「就活は人生の投資」などドキッとする言葉が次々と登場します。

ドラマ内では高校生たちが、今、注目の実在する企業を訪問し社長から直々にレクチャーをうけるといった場面も多く出てきます。
実在する社長が、会社の目指す将来像や働くことについて熱く語る姿は、ドラマそのものを楽しみながら、投資が行われている実社会を生々しく感じさせてくれるドラマだなと思います。

お金に関するドラマを見るメリットは

お金に関することをテレビから学ぶメリットとしては、次の3つがあるでしょう。

・ドラマを楽しむことを目的に見始めることで、気軽に投資の勉強を始められる
・物語のように、ストーリーとして全体の流れをつかみやすい
・文字よりも、絵や映像だと頭に残りやすく覚えやすい

歴史に詳しい人に、詳しい理由をたずねると「全て大河ドラマなどのテレビからの知識!」という答えが返ってくることは少なくありません。歴史をテレビから学ぶことは立派な勉強法の1つです。テレビから学ぶメリットを活かすことで、難しいと感じる用語なども効率よく頭に入ってくるのかもしれませんね。

お金に関する勉強は、まず初めて知る多くの専門用語でくじけてしまう人は多いです。歴史と一緒でお金に関することも、ドラマを通してストーリーとして楽しむことで、テキスト等では難しいと感じる用語も抵抗なく頭に入りやすいかと思います。特にゼロから学びたいという方にはドラマは最適な教材といっていいでしょう。

株式投資を体験すると、ドラマをもっと楽しめる

インベスターZでは、投資経験者にとっては「こういう失敗あるある」という場面が多く出てきます。

例えば、勢いよく上がっている会社の株式に飛びついて買ってしまい、買った直後に下がって損を出す。結果的に高い値段で買ってしまった「高掴み」という行動です。

投資経験者の中には「どうして自分が買ったら下がって、売ったら上がるんだ?」と頭を抱える経験をされている方は多いかと思います。
ドラマ内でも「投資は安く買って高く売ればいいんだ。それだけだ」といったセリフがあります。それができれば誰も苦労しないのですが、そのためには、どの銘柄を選べば良いのか?いつ買えば?いつ売れば良いのか?迷ったり、不安を覚えたりといった気持ちの動きがリアルに描かれています。

また、ドラマ内では普段利用しているコンビニエンスストアやマヨネーズ等の食品にまで、株式投資をする際の会社選びのヒントが隠れていていることを教えてくれます。
実際に株式投資を体験してみると、ドラマからこんな身近なところに銘柄選びのヒントがあるといった気づきを得られますので、もっと楽しんで見ることができるでしょう。

まとめ

インベスターZは子どもさんにもおススメです。この夏休み、録画をして一緒にお金の勉強をドラマで楽しむというのも有意義な過ごしか方だと思います。

ドラマ25「インベスターZ」
毎週金曜 深夜0時52分放送

寺野 裕子

てらのファイナンシャルプランニングオフィス代表 CFP ・1級FP技能士、投資助言業 2008年FP相談業務開始。2014年事務所運営スタイルを金融機関等か...

プロフィール

関連記事一覧