高年収の職業ランキング!年収の高い彼氏をゲットできるかも!?

恋愛

年収の高い彼氏をお探しのあなたに、お給料の高い職業ベスト3をご紹介します。高年収の男性が活躍しているのはこんなところ、というのを知っておくだけで、出会える確率もアップ!ステキな彼氏をゲットしましょう。

航空機操縦士(パイロット)

パイロットの試験に合格し、実際に稼働している場合の年収は、大手航空会社で1,200万超が見込まれます。
今では大手だけではなく、航空業界にいろいろな企業が参入していますね。大手ではない場合でも、パイロットなら800万円超と推定されていますので、一般的な企業と比べても年収は高いといえるでしょう。
試験に合格しなくてはならないなど、本格的にパイロットとして活躍できるまでは10年ほどかかります。ちなみに初任給は20万円くらいで、資格取得中のお給料は、一般企業と変わらないことも。合格した後は、1,000万円超の安定収入!彼と出会うなら、CAの友達を作る、空港で働くなど、出会えそうな場所に行く行動力も必要です。
パイロットを目指す彼を応援して、彼女候補になりましょう。

医師や弁護士・会計士などの士業

こちらも資格が必要な職業で、難関です。大学や専門学校もたくさんありますので、パイロットよりも一般的には目指している人がわかりやすい、というメリットがあります。
これらの専門職は、若いうちから活躍している場合、20代でも1,000万円以上の年収を手にしている人もいます。
しかしここ最近、弁護士ではお給料がかつてより平均して低くなっており、中には年収300万円という人も。弁護士が増えすぎたのが一因とも考えられています。士業は個人事業のため、スキルだけではなく、人柄に好感が持てることも稼ぐ条件です。また、医師は年収1,000万円以上が見込まれますが、数年の下積みもあります。不規則な仕事であることも頭に入れておきましょう。

保険営業(ライフプランナー)

働いた分がそのままお給料に反映されることが多いですが、稼いでいる人なら年収1,000万円以上の人も少なくありません。保険営業として活躍するなら、人脈がとても大切です。
税金や法律にも詳しいため、よき相談相手として重宝されることもあります。個人のお客様もいれば、企業の社長など、さまざまな人を相手にするため仕事は大変。お給料は固定給よりも、歩合の部分が大きめです。
毎月変動しますが、固定客を持って活躍している人なら、安定収入を得ることができます。社内では表彰制度があるなど、個人のがんばりを認めてくれる社風です。そのため、収入はある意味で無限ともいえる職業です。

まとめ

紹介した医者や士業、パイロットなど資格が必要な職業は取得するまでは一般の年収と変わらない場合もあります。彼を応援し、よきサポーターになって将来の年収に期待しながら待ってみましょう。