いつもは有料だけど今日だけタダ!!文化の日だけ無料で楽しめるスポットランキング【関西】

趣味・美容

11月3日は何の日かわかりますか?正解は文化の日。1946年のこの日に日本国憲法が公布されたということで、制定されました。文化の日は「自由と平和を愛し、文化をすすめる」とされており、これらに関わる普段は有料の場所が無料開放されています。今回は、関西エリアのこの日だけ無料で楽しむことができるとってもお得な場所を、入場料金別にみてお得な順番にご紹介します。
関東エリアはこちら

お得度★☆☆ 大人も子どもも大満足な記念公園

京都府にある「けいはんな記念公園」は、京都府立公園としてけいはんな学研都市(関西文化学術研究都市)の建設を記念して整備されました。公園は4つのゾーンに分かれていて、そのうち通年無料なのが芝生や子ども用遊具がある「広場」と里山の風情を表現した「谷あい」、そして有料なのが、季節毎の彩りやコイのえさやりが楽しめる「水景園」と森の散策を楽しめ自然を満喫できる「芽ぶきの森」です。この日は有料の2つの施設も無料で楽しむことができます。
また、ちょうどこの日から紅葉のライトアップが開始されたり(2017年11月3日(金・祝)〜11月26日(日)の金・土・日・祝)、音楽ライブが開催されるなど(2017年11月3日(金祝)~11月5日(日))イベントが盛りだくさん!開園時間は、午前9時~午後5時(入園は午後4時半まで)となっており、朝から夜まで飽きることなくたのしむことができますよ。

お得度★☆☆ 1度に3つの施設が楽しめる!?楽しいスポット

兵庫県にある「加古川総合文化センター」には、加古川周辺の歴史について学ぶことができる博物館、見て触れて楽しむことができる宇宙科学館、約6500個の星を見ることができるプラネタリウムと多くの施設があります。博物館200円、宇宙科学館200円、プラネタリウム400円と各施設ごとに入場料が異なりますが、この日はすべての施設が無料に。
アクセスは、JR神戸線、東加古川駅北口から徒歩約10分。施設により開館時間が異なるのでよく確認してから行かれることをおすすめします。

お得度★★☆ オトナだからこそ楽しめる、奥が深い工芸の世界

大阪府にある「日本工芸館」は、日本の長い歴史に育てられた伝統的工芸品(民芸品)の保存育成と普及を目的としてつくられました。創始者は三宅忠一。大阪のスエヒロ本店(レストラン)の経営者となり”しゃぶしゃぶ”を考案した人でもあります。普段は500円の入館料が必要です。
こちらには本館と別館があり、別館1階には売店も。実際に工芸品を手に取って購入することができます。たくさんの種類があるので迷ってしまいますね。本館の2,3階、屋上では年間をとおして様々な展示会が行われおり、大阪に伝わる伝統工芸品の展示もしています。
アクセスも各線難波駅より徒歩10分と、とても行きやすい場所。11月1日~19日(6日、13日を除く)が無料期間で、開館時間は午前10時〜午後17時(入館は午後16:30まで)となっています。ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか。

お得度★★★ 全国各地から人が訪れ、みんなに愛される神聖な場所

京都府にある「城南宮」は、引越・工事・家相の心配を除く「方除(ほうよけ)の大社」といわれ、大切にされています。家庭円満や厄除や安全祈願、また車のお祓いに全国から訪れる人が後を絶ちません。
その中にある、神苑水石亭は「源氏物語」を彩る植物をはじめ、100種ほどの草木があり、四季を味わうことができる場所。ほかにも日本庭園の作庭様式の移り変わりをみることができる素敵な場所です。ギャラリー水石亭では、地域の文化、歴史、所蔵文化財の紹介、展示を企画しています。
城南宮は近鉄・地下鉄「竹田駅」徒歩15分、バスだと5分でいける場所となっています。京都らしい落ち着いた厳かな空間は心が落ち着きますね。開館時間は午前9時~午後16:30分 (入館は午後16時まで)です。普段は600円の入場料が必要なので、この機会はとても嬉しいですね。

いかがでしたか?

その土地の文化や歴史を学ぶことができる場所が多かったですね。文化の日の理由にちなんで、普段あまり身近でない文化に触れてみてはいかがでしょうか。きっと有意義な1日になるでしょう。他にも「関西文化の日」といい毎年11月の第3週の土日に、通常無料のものもふくめ約690施設を無料で楽しむことができます。2017年は11月18日と19日が対象。関西周辺の10県で開催しています。こちらもぜひ利用してみてください。

参照

けいはんな公園

ホーム


加古川
http://www.kakogawa-bunka.jp/
工芸
http://www.nihon-kogeikan.or.jp/
城南宮
http://www.jonangu.com/index.html
http://www.kansaibunka.com/bunkanohi/index.php?Mode=Detail_Museum&id=387930

サイトウ サオリ

17,285 views

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事