もしかして妊娠したかも!? 産婦人科で妊娠検査すると費用はいくらぐらいかかるの?

結婚・出産

妊活中に生理が予定より遅れると、「あっ、妊娠かも!」とドキドキするもの。妊娠しているかどうかを判断するためには、妊娠検査をする必要があります。
でもこの妊娠検査にかかる費用って、病院によって結構差が大きいみたい……?
また、妊娠していることがはっきりしたあとの妊婦健診や、妊娠中から出産に向けて必要なものを買い揃えるなど、実際のところ、何にいくらぐらいかかるのかをチェックしてみましょう。

妊娠検査すると費用はいくらぐらいかかるの?

では、はじめに妊娠検査にかかる費用です。

市販の妊娠検査薬は500円~3,000円ぐらい

「妊娠かもしれないけど、もともと生理不順だし……」なんて時には、まずは市販の妊娠検査薬を使ってみると良いかもしれません。
市販の妊娠検査薬の価格は、製品によって異なりますが500円~3,000円程度が一般的です。尿に含まれるホルモンによって手軽に妊娠を判定することができます。
判定の結果、陽性であればどのみち産婦人科での検査を受診することになるため、妊活中など妊娠の可能性が高い場合は最初から産婦人科を受診しても良いでしょう。

産婦人科での妊娠検査の費用はまちまち

産婦人科での妊娠検査は、病院によって検査項目などに違いがありますが、一般的には、問診、尿検査、血液検査、内診、超音波検査などを行います。検査費用も病院によってかなり異なります。
妊娠・出産は病気ではないため基本的に健康保険は適用されず、およそ5,000円~20,000円程度が相場となっています。
総合病院は検査費用が高め、個人病院は安めという傾向があるようですが、一概に言い切ることはできません。不安な場合は、受診する前に電話でいくらぐらいかかるかを問い合わせてみても良いですね。

妊娠かもと思ったら早めの検査が大事!

産婦人科で正常妊娠を確認できるのは妊娠5週目以降とされています。
生理の開始予定日から1週間ほど過ぎて始まらない場合は、産婦人科での検査が可能となります。
検査時期が遅くなると、子宮外妊娠など正常な妊娠でなかった場合の発見が遅れることになりますので、生理の周期を把握しておくことも重要です。
また、検査した病院の出産予約が埋まってしまう可能性もあります。妊娠の可能性が疑われる時は、早めに産婦人科を受診しましょう!

妊娠中の妊婦健診、回数や費用はいくらくらいかかるの?

妊娠検査や妊婦健康診査などにかかる費用は、治療が必要な場合を除き、基本的には健康保険の適用対象外となります。そのため、妊娠していることが確定したあと定期的に受ける妊婦健診には大きな出費がともないますが、市区町村など住んでいる自治体から検査費用の一部が助成されます。
妊婦健診の回数や費用、また助成される金額はいくらくらいなのか、確認しておきましょう。

標準的な妊婦健診の回数

厚生労働省では、14回の妊婦健診を例示しています。
(1)妊娠満23週までは、4回(4週間に1回)
(2)妊娠満24週から35週までは、6回(2週間に1回)
(3)妊娠満36週から分娩までは、4回(1週間に1回)
参照:厚生労働省 https://www.mhlw.go.jp/bunya/kodomo/boshi-hoken13/dl/02.pdf

妊婦健診の費用

妊婦健診費用も妊娠検査と同じく、医療機関により金額が異なりますが、およそ5,000~1万5,000円程度となっています。

妊婦健診の助成上限額

最大で14回の妊婦健診と超音波検査・子宮頸がん検診の費用を一部助成してくれる制度です。
たとえば、東京都世田谷区の場合の助成上限額は、
・妊婦健診 1回目   1万850円
・妊婦健診 2~14回目 5,070円
・超音波検査 1回分  5,300円
・子宮頸がん検診 1回分 3,400円
ですが、住んでいる自治体によって助成の上限額が異なるため、住んでいる市区町村に上限額を確認する必要があります。
参照:世田谷区 https://www.city.setagaya.lg.jp/mokuji/kodomo/001/001/d00135051.html


妊娠中に必要なもの

妊娠中にかかる費用には、妊婦健診など病院での費用のほかにもあります。購入金額の目安やそろえるタイミングについてもみていきます。

・妊娠初期(0~4カ月頃)に準備:約1万5,000~2万円
中期に近づくにつれて大きくなってくるおなかを支え、冷え防止にもなる妊婦帯、妊娠線の予防クリームやマタニティブラジャーやショーツが必要です。また、母子手帳や印鑑、カードやペンなどをまとめて収納できる母子手帳ケースもあると便利でしょう。
参照:アカチャンホンポ https://www.akachan.jp/maternity/goods/

・妊娠中期(5カ月~7カ月)に準備:約6,500~1万8,000円
中期以降になるとどんどん大きくなるおなかを包み込み、動きやすいマタニティウェアやバスト部が開く授乳兼用でゆったりしたマタニティパジャマ、また秋や冬はマタニティ用のタイツやレギンスがあると冷えを防止してくれます。
参照:ピジョン https://products.pigeon.co.jp/item

出産準備に必要なもの:約7,000~1万円

いよいよ出産予定日が近づいてくると、分娩入院に必要なものを準備する必要があります。
股部分が開くため、入院中の診察時などショーツを脱ぐ必要のない産褥ショーツや、母乳の漏れを防止する母乳パッド、産後の悪露の処理に適したお産パッドなどが必要です。また、
産後すぐに使える骨盤や子宮をケアするサポーターや、産後1カ月頃からはガードルがあると便利でしょう。以上のもので7,000~1万円ほどです。
入院に必要なものは、できるだけ余裕を持って準備しておきたいものです。入院する病院によっても必要なものに違いがあるので、早めに確認しておくといいですね。
参照:アカチャンホンポネット通販 https://akachan.omni7.jp/top

まとめ

「妊娠したかも!?」と思ったとき最初に受ける妊娠検査や妊婦健診、妊娠中から分娩入院までに必要となるものの費用についてみてきました。妊娠がわかったら出産までにどのくらいの費用がかかり、また助成金の上限額はいくらか、など把握して準備ができると安心です。また、必要なものを買い揃えるときには、妊娠中や分娩入院中といった期間限定でのみ使用するものも多いため、できるだけ必要最小限のものを買い揃えるようにしましょう。

田中友加

「自分らしい生き方」を応援!お金のパーソナルトレーナー 自動車販売業に従事した後、税理法人にて経営コンサルティング業へ。その後、IT関連会社を設立、取締役に...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事