一人暮らしを始めるまでにかかる費用はいくら?

貯金・家計

進学や就職をきっかけに、一人暮らしを始める人が増える季節です。新生活のスタートには、心構えだけではなくお金も必要。一人暮らしを始めるまでにかかる費用は、引っ越し先によっても違いがあります。
どのくらいかかるものなのか、しっかり調べて早めの準備を始めましょう。

主な費用は3つ、できるだけ節約しよう

一人暮らしを始めるまでにかかる費用は次の3つです。
① 入居費用
② 引っ越し費用
③ インテリア、家電など身の回り品
では、それぞれ詳しく見ていきましょう。

①入居費用:家賃の4.5~12.5か月分

一人暮らしの部屋を探すには、不動産比較サイトなどを利用して、地域や家賃、設備、環境などを調べるやり方が多いでしょう。その際、家賃がクローズアップされますが、入居のためには家賃の数倍の費用がかかります。しかも都会と地方では慣例が違い、地方ではいらない費用が都会では必要なことも。

最近では敷金・礼金が1ヶ月分や無いところも増え、初期費用は以前よりリーズナブルになっています。それでも、家賃の4倍以上はかかると心づもりをしておきましょう。家賃7万円なら、30万円程度は必要になります。

②引っ越し費用:1万円~5万円

トラックを借りてくれば、レンタカー費用のみの1万円程度で済むかもしれません。しかし、大きな家具があれば業者に依頼したほうが安心です。引っ越し業者は、荷物や家具の搬入の際に部屋を傷つけないノウハウがあるので、費用をかけるだけのメリットはあるでしょう。

ただし、最近はガソリン代や運送業の人件費が高騰し、それにともない引っ越し業者の料金も値上がり傾向。荷物が少ないシングルの場合、引っ越し料金は5万円前後ですが、今年はさらに値上がりしそうです。
ここは思い切り荷物を少なくし、宅配便で数箱だけ送るという方法も考えられます。インテリアや家電は引っ越し先で購入し、販売店からの配達にすれば、安く抑えることができるでしょう。

③インテリア、家電など身の回り品:

一人暮らしは、まずは最小限の物から始めたいですね。実際に生活をしながら、徐々にそろえていくと無駄がありません。

●インテリア=3万円
・照明:1万円
・カーテン:1万円
・寝具(ベッド、ふとん):1万円
テーブルといすは、後からでも間に合います。部屋に合わせて選びましょう。

●家電=13万円
エアコンは最初から部屋に付いていることが増えたので、ここでは買わないものとして考えます。
・冷蔵庫:3万円
・洗濯機:3万円
・掃除機:1万円
・電子レンジ:1万円
・炊飯器:2万円
・テレビ:3万円
電子レンジ、炊飯器、テレビはマストではない人もいるかもしれませんね。アイロンも、着るものやライフスタイルに合わせて決めましょう。

●日用品=2万円
キッチン用品、トイレタリー、洗面用品、洗濯用品など、今までは家にあるのが当たり前だったものですが、全て買うとなると意外と費用がかかります。

家賃7万円なら、初期費用は48万円以上

入居初期費用の安いところを探す、引っ越し業者は頼まず宅配便で済ませる、家具はリユース品にするなど、節約をすればもっと安くできるかもしれません。
一人暮らしを始めるのは、自分のライフスタイルを見直すきっかけにもなります。自分に合った、素敵な暮らしを実現させましょう。

タケイ 啓子

5,727 views

ファイナンシャルプランナー(AFP)。36歳で離婚し、シングルマザーに。大手生命保険会社に就職をしたが、その後、保険の総合代理店に転職。保険の電話相談業務に...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事