英語を活かしたい!ホテルスタッフから貿易系事務に転職した体験談

マネーケア

女性に人気の職種、事務職。とりあえず誰でも始めやすい仕事と思っている人も多いのではないでしょうか。
今回ご紹介するのは、ホテルスタッフから事務に転職した女性のお話。実際に事務に転職して感じた、甘くない現実とは?筆者友人Iさんの体験談を見ていきましょう。なお、内容は個人の見解となることを了承ください。

▼プロフィール
・Iさん 28歳 女性(転職当時)
・英文科系4年制大学卒
・前職:新卒で大手ホテルに就職。フロントスタッフとして6年勤務
・転職先:貿易会社(中小企業)の事務

新卒でホテルスタッフに。花形部署ではあるものの…

今回の転職体験談の主役のIさんは、大学時代に学んだ英語を活かしたいと、新卒で大手ホテルに正社員として入社しました。配属されたのは、フロント。裏方部署に配属される新人も少なくない中、ホテルの顔ともいえる花形部署への大抜擢でした。

もともと接客は好きだと感じていたこともあり、フロントスタッフの仕事にはやりがいを感じていました。しかし入社3年目、26歳を迎えた頃から少しずつ不満を感じるようになったのだそうです。

きっかけは、友だちの結婚式で大学の同期と再会する機会が増えたこと。入社3年目ともなると、みんなそれなりの給料をもらい、アフターファイブや土日は習い事にデートにと、充実した日々を過ごしていました。

仕事は充実していたものの、夜勤があったり、拘束時間の割に給料が低かったり、土日は休みにくかったり…。これまで仕方ないと割り切っていたことが、だんだんイヤになってきたというIさん。入社6年目、28歳で転職を決意しました。

貿易会社の事務に転職!給料は?待遇は?

転職活動を始めたIさん。

・英語には自信あり
・PCスキルも人並みにはある
・座ってできる仕事
・土日休み
・フロント以外未経験の自分でも採用してくれる仕事

上記を総合して、事務職を希望しました。事務未経験だったため、転活は思っていたより難航したというIさん。面接を続け、中小企業の貿易会社に採用してもらえることになりました。

基本給は上がったのに増えない手取り

気になる給料はというと、転職前とほぼ横ばい。基本給は上がったものの、諸手当がなくなったのは大きな痛手でした。前職では英検やTOEICの結果に応じた資格手当や、夜勤手当などがもらえていましたが、転職後は皆無。それでも給料が下がらなかっただけマシ、と切り替えるしかありませんでした。

企業規模が大きく反映される福利厚生

大手企業から、中小企業への転職。給料だけでなく、福利厚生の面でも大きな変化がありました。前職では系列ホテルへの研修旅行や、提携施設で使える優待券などがありましたが、転職後は激減。たまに取引先の商品を割引価格で買えるというのが、数少ない福利厚生でした。

中小企業では平均年齢が高めな職場も

前職では同年代の社員が多くいましたが、転職先の20代社員はなんとIさんだけ。新卒は毎年1~2人採用する程度で、中途採用はほぼありません。今回入社できたのは、新卒採用した事務スタッフが2年目で転職してしまったためでした。産休育休も過去に取得した人はいるそうですが、現在は事務スタッフの人数が少なく、実際の取得は難しそうな雰囲気だそうです。

続きを読む
1 / 3

金谷 ひつじ

フルタイムワーママから、ライターに転向。買い物前にSNSで情報収集するのが趣味。 家事も育児も仕事も趣味も、まだまだ欲張りたい2児のママライターです。

プロフィール