移住するなら選びたい、税金の少ない・かからない国はここ

老後

資産家になったらニュージーランド

資産家なら、現地の生活水準を気にせず、好きな国にどこでも移住できると思うところですが、資産家には資産家なりの気になることはあります。
それは相続税です。
子どもや孫に資産を残したくても相続税の負担があるため、まるまる相続するのは難しいものです。相続対策という言葉があるくらい、いかに資産を残してあげられるかと資産家になることでの悩みもできてきます。

ニュージーランドは相続税がなく、世界各国から富裕層が集まっているようです。
また、日本との時差が少なく、気候も似ていて過ごしやすいのも特徴です。
資産家になれたら嬉しいものですが、多額の資産であるが故の大きな悩みは出てくるものですね。

まとめ

今回は税金の少ない、かからない国を基準に、オススメの海外移住先をご紹介しました。日本は世界各国と比べて、治安もよく四季があり食事も美味しく、暮らしやすい国だと感じていますが、将来、海外移住の夢がある人はその国の税金も考慮したマネープランを早いうちからたてておくとよいです。
ただし、税制が改定されることは十分ありえますので注意が必要です。

今関 倫子

ファイナンシャルプランナー 外資系保険会社勤務中に、AFP資格取得後、独立系FP事務所に転職。ファイナンシャルプランナーとして活動し、女性を中心に年間のべ2...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事