初心者でも簡単!道具いらずですぐできる「アームニッティング」のすすめ

趣味・美容

道具なし・初心者でも簡単・1時間ほどで完成、ということで最近話題になっているアームニッティング。編み物をしたことがない人でもコツをつかめば1時間ほどでスヌードやクッションカバー、さらにはブランケットやマフラーも簡単にできてしまうことで挑戦する人が増えています。ぜひ今年の冬に挑戦してみてはいかがでしょうか。

用意するもの

アームニッティングをする際に必要になるものは、毛糸と腕だけ。つまり毛糸さえあればいつからでも編むことができます。また、腕を使って編むので網目が大きく、どこまで編んだっけ?今どこだっけ?と混乱することが少ないというのも、初めて挑戦する人にとって嬉しい魅力です。また、ざっくりとした網目になるので、抜け感があってとてもかわいい作品が仕上がります。

毛糸を選ぶときのポイント

アームニッティングはとても網目が大きいものなので、指くらいの太さのある毛糸を使うことを推奨します。ざっくりとした網目が映えてとてもかわいいく仕上がりますよ。細い毛糸しかない場合でも、複数本をまとめて1つの糸として編むことができます。細い毛糸を複数集めて編む場合には、お店に売っていない自分だけの色味で編むことができるというところが魅力です。100均の毛糸でも十分素敵なものを編むことができるので挑戦しやすいですよね。太い毛糸と細い毛糸、お好きな方を選んでください。

どんなものがつくれるの?

アームニッティングに挑戦する人から1番人気なのは、この時期に重宝するスヌード。暗くなりがちな冬のコーディネートの差し色として、カラフルなスヌードを取り入れてみてはいかがでしょうか。またスヌード以外にも、マフラーやブランケットも編むことができます。さらに、長方形だけでなく編み方次第で円形にも編むことができるのでお部屋の雰囲気に合わせて、ラグとして使用するのもかわいいですね。

いかがでしたか

自分で作ったものは、購入したものよりも愛着がわきますよね。また、毛糸は比較的安く手に入るので、購入するよりも安く済むということも。編み物をしたことがない人でも、あまり得意でない人でも、気負いせず遊んでいるような感覚で簡単にできます。毎日寒い日々が続きますが、自分で作った編み物で外でも暖かく過ごすことができますよ。ぜひ挑戦してみてください。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事