23区内で手持ち花火ができるエリア・公園はここ

趣味・美容

夏といえば花火ですが、打ち上げ花火だけでなく、手持ち花火も楽しみたいですよね。ですが、特に都内は花火をしていい場所が限られてきます。一体どこで花火をしていい場所なのかわかりづらいですよね。そこで今回は、都内で花火をしてもいい場所をご紹介します。

東京23区内で花火をしてもいい区はこちら

花火をしてもいいとされているのはこちらの区。足立区、葛飾区、世田谷区、中央区、文京区、中野区の6つになります。ただしこれらの区であっても、禁止されている公園もある恐れがあるので、利用する際には再度公園の入り口にある看板をみて確認してください。

花火が可能なところであっても、ロケット花火や打ち上げ花火など危険なものは避けましょう。また、花火をする際には、あまり遅い時間にならないように心がけたり、ゴミは持ち帰るなどのマナーが必要になります。遊び終わった花火のゴミは、濡らした新聞紙で包んで持って帰るといいですよ。他の人の迷惑にならないように花火を楽しみましょう。

花火にオススメの公園

・平和の森公園
中野区では平和の森公園で花火をすることができます。とても広い公園なので、花火以外でも利用することができそうですね。公園の真ん中にある草地広場の周りはアスファルトで整備されていて、走りやすいためウォーキングやランニングをしている人も多いです。
普段は健康のためにランニングなどで使い、夜には花火もできる、とても生活に密着した公園ですね。

・THE THIRD PARK
豊洲にあるアウトドア施設。こちらでは手持ち花火のみ可能です。
本場の味にこだわったアメリカンスタイルのバーベキューを楽しむことができます。大勢でバーベキューを楽しんだ後、花火をして楽しい1日を締めくくるというのもいいですね。事前予約制なので、行っても場所がないという心配がありません。テントなどもあるので、夏でも直射日光を避けながら体力を温存して楽しむことができます。

・世田谷公園

園内にSLが走っていることや、夏期にはプールを利用することができるなど、たくさんの楽しみ方ができる公園。プレパークという冒険遊び場もあるので、お子さんがいても一緒に楽しめそうです。お弁当などを持って公園で1日遊んで、最後に花火をしてから帰るというのも夏らしい楽しみ方ですね。花火を楽しむ時間まで体調を崩さないように、遊ぶ際には水分補給をお忘れなく。

いかがでしたか

都内で花火ができるエリア・公園をご紹介しました。何歳になっても花火をするのはワクワクしますよね。花火が禁止されているエリアが多い中、これらの場所はとても貴重なものになっています。これからも花火ができるように、マナーを守って楽しみましょう。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事