ハワイでの日焼け止めが禁止に。紫外線対策はどうすれば?

趣味・美容

海外旅行先として人気の場所といえばハワイ。そんなハワイは日光が強く、日焼け対策として日焼け止めを塗っているがほとんどでしょう。ですが、最近「ハワイでの日焼け止め使用禁止」という法律が制定されました。その詳細や、今後の日焼け止め対策についてご紹介します。

ハワイでの日焼け止めが禁止に

2018年7月3日に、サンゴ礁への有害性が指摘される成分を含んだ日焼け止めを禁止する法案がハワイで成立しました。この法律は2021年1月1日から施行されます。
施行後は、オキシベンゾンとオクチノキサートという紫外線カット物質が含まれる、市販の日焼け止めの販売などが規制されることになります。
このような有害成分を含んだ日焼け止めは、ハワイのコンビニエンスストアなどで広く販売されているのだそう。今後ハワイで気軽に日焼け止めを購入することができなくなりそうです。
現時点で、観光客が持ち込んだ日焼け止めは規制できないということなので、持ち込む際にチェックされるなどは特になさそうですが、注意が必要ですね。

日焼け止め以外の日焼け対策

では、日焼け止め以外のものを使って日焼け対策をする場合、一体どうすればいいのでしょうか。ハワイはもともと紫外線がとても強い場所。少しでも気を抜くとあっという間に日に焼けしてしまいます。
まず、立っている際にもっとも太陽に近い頭。髪の毛があっても頭皮がヒリヒリするくらい紫外線が強いです。ですので帽子をしっかりと被って、頭の紫外線対策をしましょう。
そして、目も紫外線のダメージを受けます。眩しくて目が開けられないというこを防ぐため、そして目の日焼けを防ぐためにも、ハワイではサングラスをすることをオススメします。さらに、気候としては日本の夏と同じくらいなので半袖半ズボンで過ごしたいところですが、できるかぎり長袖のシャツを羽織るなどして日焼けしないような工夫をしましょう。麻のシャツなどは風通しもよく、長袖でも比較的涼しく過ごすことができます。

飲む日焼け止めはオススメ

肌に塗るタイプの日焼け止めが規制され、今後さらに塗る日焼け止めの規制が厳しくなったら困るな、と思う方も多いのではないでしょうか。そこで「飲む日焼け止め」をオススメします。
飲むタイプの日焼け止めはサプリメントのような錠剤であることが多く、1日に規定の量を摂取するだけで日焼け防止の効果があるようです。肌に日焼け止めを塗った時のベタベタもなくなり、時間が経った後に塗り直す手間もかからないとして、最近注目されています。
これなら、仮に塗る日焼け止めの規制が今後厳しくなったとしても、安心して使い続けることができるのではないでしょうか。

いかがでしたか

今後、ハワイに行く際には塗る日焼け止め以外の、日焼け対策が必要になります。最近では塗り直す手間がないという理由などから、飲む日焼け止めが注目されています。ぜひ取り入れて見てはいかがでしょうか。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事