知らなかった!副業でも確定申告って必要なの?

給与・ボーナス

確定申告が必要なのは自営業やフリーランスだけだと思っていませんか?場合によっては、アルバイトなどの副業をしている人も確定申告をしなければならないことがあります。どんなケースで必要なの?ということで、副業と確定申告の関係をご紹介します。

副業での収入ラインは20万円!

本業以外に副業をして生計を立てているという人も珍しくはないでしょう。しかし、確定申告までしっかりとできているのでしょうか。もちろん、確定申告が必要でない場合もありますが、副業によってそれなりの収入があれば確定申告をする必要があります。

副業で確定申告が必要かどうかの収入ラインが20万円です。国税庁によると、確定申告が必要な人として、2か所以上から給与がある場合(つまり副業でのアルバイトなどで給与の受け取りがある場合)、収入が20万円を超える場合に必要となるとあります。ちなみに、この20万円は、給与所得とカウントされない所得分の合計額になりますので、掛け持ちプラス、他に収入がある場合は注意しましょう。

また、さらに国税庁の注意書きによると、給与所得の収入から基礎控除、医療費控除、寄附控除、雑損控除を除く所得控除を差し引いた額が150万円以下であれば確定申告の必要はないと明記されています。配偶者や生命保険の控除があれば、さらにラインである金額は増えますが、基本的には給与所得だけの場合は、年収150万円を超えなければ確定申告の必要がないと理解しておきましょう。

給与所得以外や株で収入を得た人は注意

副業での所得20万円が基本的なラインで、給与だけの場合は合算で150万円を超えなければ確定申告の必要はないと紹介しました。しかし、注意したいのは給与以外の所得や株で収入がある場合です。

まず給与以外の所得、たとえば事業所得や不動産所得の場合は、そのまま得た収入が所得にカウントされるわけではありません。所得になるのは、収入から必要経費を引いた金額です。たとえば、アフィリエイトであればインターネット接続のための通信費の一部、不動産所得であればリフォームなどの修繕費が経費となるでしょう。国税庁では、こうした経費を考慮して、収入から経費を引いた額である所得が20万円を超えなければ、確定申告をする必要はないと明記されています。

また、株で副収入を得ている場合も注意したいです。証券会社で口座を開く際、特別口座や一般口座など口座の種類を選ぶことになると思いますが、源泉徴収ありの特別口座の場合は基本的に確定申告の必要がありません。取り引きの度に、源泉徴収税額分が控除され、すでに税金を納めているためです。

副業で確定申告が必要かどうかは、まず20万円以上の所得があるかどうかがひとつのライン。特に、事業所得などで副収入を得ている場合、収入と経費を見比べながら確定申告が必要かどうかを判断することが大切です。

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事