こんなに貯まる!?ボーナスは金利の高い定期預金がおすすめ

給与・ボーナス

ボーナスが入ったら定期預金に預けてみませんか?定期預金であれば普通預金より金利が高く、株式投資や投資信託のように損失を負うリスクもありません。ここでは、定期預金の内容や特徴、選び方について紹介します。

ボーナスを定期預金に預けておきたい理由

ボーナスを貰ったら何に使う予定ですか。好きな物や旅行に使うという方も多いですが、将来のために貯金する方も多いでしょう。しかし、低金利時代ということもあり、普通預金に預けても金利は0%に近く、何年経っても利息が貯まりません。2017年7月現在のメガバンクの普通預金金利は、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行など、すべて0.001%です。100万円を1年預けても、得られる利息はたったの10円です。また、株や投資信託に投資することもできますが、必ずお金が増えるわけではなく、損失を負い元本割れするリスクもあります。ボーナスの預け先として、元本割れの心配がなく、利息も普通預金より多い定期預金がおすすめです。定期預金金利は、三菱東京UFJ、三井住友銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行ともに1年で0.010%と、普通預金の10倍の金利であり、お得に貯められます。また、定期なので手を付けにくくなるため、無駄使いも抑止できておすすめです。

定期預金の選び方とは?

どの金融機関の定期預金を利用するか、しっかりと考えて選ぶ必要があります。なぜなら、金融機関によって金利が変わるためです。例えば、オリックス銀行のeダイレクト定期預金の2017年7月4日現在の金利は1年定期で0.25%ありますし、5年定期であれば0.35%の金利です。メガバンクの0.010%と比べても2.5〜3.5倍もの金利で預けられます。他にも、ソニー銀行は1年0.15%、楽天銀行は1年0.12%、住信SBIネット銀行は1年0.20%など、メガバンクよりも金利が高い金融機関はたくさんありますし、キャンペーンを行っているところも多いです。多くの金融機関を比べ、自分の条件に合ったところを選ぶようにしましょう。

定期預金でどれくらい貯まる?

定期預金に預ければどれくらい利息が貯まるのでしょうか。例えば、100万円をオリックス銀行の1年定期(0.25%)に預けた場合、年間で2,500円もの利息が付きますし、5年定期であれば1年目で3,500円もの利息が何もせずに付きます。株や投資信託の方が勝った時のリターンは多いですが、定期預金であれば減る心配がなく、預けておくだけで毎年お金が貯まっていきます。貯蓄額が増えるほど利息は増えていきますし、使わないお金を預けておくだけで無条件にお金が増えていきます。

定期預金は元本割れの心配がないため、リスクが低い上に普通預金よりも金利が高いため、使わないお金を預けるのにおすすめです。こんな時代だからこそ、ボーナスは積極的に貯金してはいかがでしょうか。

関連記事一覧