子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?

子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?
結婚・出産

子どもができたら仕事を辞めて家庭に入る女性もいるけれど、最近では産休・育休後に仕事復帰したいという女性も多いですよね。「これから子どもを育てていくことを考えたら、やっぱり自分でもしっかりと仕事して稼ぎたい」そんな働くママをサポートしてくれるのが産休手当て(出産手当金)です。

産休中はお給料が出ない!?

子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?

産休は、正確には「産前・産後休業」と言います。
働く女性が出産する場合、出産予定日を含む産前の6週間
(双子や三つ子など多胎妊娠の場合は14週間)と、
出産翌日からの産後8週間、仕事を休む権利があるのです。

この期間中、妊婦・産婦は仕事を休むことになりますが、
その間の給与については特に法律で支払いの義務が定められていません。
このため、産休中はお給料が出ない会社がほとんどなのです。

産休中の生活をサポートしてくれる「産休手当て」

子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?

仕事を休む権利があると言っても、その間の収入がなくなってしまうのは困りますよね。
そんな産休中の生活費をサポートする目的で、
加入している健康保険から支払われるのが「産休手当て(出産手当金)」です。

産休手当てはいくらもらえるの?

子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?

産休手当てとしてもらえる金額は、
日給(標準報酬日額)の3分の2 × 産休の日数
と定められています。
日給は、4・5・6月の給料の平均額を該当する区分にあてはめた
「標準報酬月額」を30で割って算出します。

産休手当てをもらうには?

子どもができても仕事は続けたい! 働くママの強い味方「産休手当て」ってどんなもの?

産休手当てをもらうには、勤務先の健康保険に加入している必要があります。
正社員ではなく、契約社員やパートなどでも勤務先の健康保険に加入していれば対象となります。
また、産休の期間中、お給料が支払われていないことも条件となっています。

受給には手続きが必要です。産休前に勤務先で申請書をもらい、
産休後に勤務先または健康保険組合などに提出することになります。
申請から受給までは一般的に2週間~2ヵ月程度かかることが多いようです。

出産したらすぐにもらえるわけではないということを理解して、
上手に家計のやりくりをしてくださいね。

moneliy編集部

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事