医療費が高額になったらお金が戻ってくる!高額療養費のしくみとは

介護・医療

20代、30代の皆さんでも、急な病気やケガで入院や手術を受け、高額な医療費がかかることがあります。そんな場合に備え、健康保険制度の「高額療養費」について、あらかじめ知っておくことはとても大事です。実際に高額療養費制度を利用すれば、高額な医療費が戻ってくることがあるのです。
しかし、高額療養費は、全ての医療費に対応していないため、制度について正しい理解が必要です。今回は、知っていれば大変おトクな高額療養費のポイントをわかりやすく話します。

高額療養費はいくらから対象?

高額療養費とは、1カ月以内(毎月1日から末日まで)に医療機関や薬局の窓口で支払った医療費が「自己負担限度額」を超えた場合、超過分があとで払い戻される制度です。
「自己負担限度額」の金額は、以下の表で計算式を確認することができます。

自己負担限度額〈69歳以下の方の場合〉


厚生労働省「高額療養費制度を利用される皆さまへ」を参考に筆者作成

年収約370~770万円の人が医療費100万円の治療をうけた場合、自己負担3割として30万円を病院の窓口で支払うことになります。
しかし、高額療養費の自己負担を計算してみると、以下の式になります。

自己負担限度額=80,100円+(100万円-267,000円)×1%=87,430円

自己負担限度額は87,430円となり、それ以上の窓口負担分、つまり21万2,570円は戻ってくるということがわかります。

計算式の「医療費」には、医療機関でかかった費用の総額が入ります。つまり、窓口で30万円を支払った場合は、100万円が実際の医療費です。窓口では、3割負担分のみ支払うため、医療費は30万円と誤解するケースがありますので、気をつけましょう。
また、高額療養費として払い戻しを受けた月数が1年間(直近12カ月間)で3回以上あったときは、「多数回該当」となり、4回目からは自己負担限度額が更に引き下げられます。

では、高額療養費の申請はどこにすればいいのでしょうか。確認してみましょう。

NEXT:「高額療養費を申請するには」

舟本 美子

「大事なお金の価値観を見つけるサポーター」 会計事務所で10年、保険代理店や外資系の保険会社で営業職として14年働いたのち、FPとして独立。 あなたに合った...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事