他の人よりも有利!?英語ができれば資産運用の場でも活躍できる

資産運用

英語などの多国語ができる人は、資産運用の場でもメリットがあることが多いです。海外の情報も正確でスピーディーに収集でき、オフショア投資もやりやすくなります。英語ができることで、どういったメリットがあるのか確認していきましょう。

情報の早い海外サイトから金融情報を知れる

英語ができれば、海外の金融情報や経済情報などを正確にスピーディーに入手することが可能です。投資を成功させるためには、正確で有益な情報をたくさん仕入れる必要があります。信憑性の高い情報を早くたくさん得ることで、より精度の高い分析や予測が可能になります。また、情報量が多くなることは投資の選択肢を広げることにもつながります。日本語で得られる海外の情報は一部でしかなく、その一部では投資判断が非常に難しいでしょう。海外情報を邦訳したサイトなどもありますが、誤訳や誤った解釈をしてしまっている可能性もあります。そのため、自分で語学力を身に付け、訳せるようになるとかなり有利と言えるでしょう。

オフショア投資がやりやすくなる

英語ができればオフショア投資もやりやすくなります。オフショア投資とは、香港やシンガポールなど、他国に比べて税制が優遇されている地域に投資することを言います。オフショア投資であれば、キャピタルゲインもインカムゲインに対する税金が非常に優遇されます。税制が優遇されている分、より大きな利益を出すことが可能です。英語ができれば、海外の情報も得やすいですし、金融機関や海外のIFA(独立系ファイナンシャルアドバイザー)ともよりスムーズにやり取りができます。

外資系企業などへのキャリアアップも図れる

英語は資産運用に活かせるだけでなく、自身のキャリアアップにも活かせます。英語ができ、経歴や知識などがクリアできれば、大手金融グループや外資系企業への転職も可能です。金融グループや外資系企業で働けば、自然と資産運用に関する専門的知識も身に付きます。転職することで、年収などの待遇も良くなる可能性も高く、将来に必要な実践的な資産運用スキルも身に付けられるためオススメです。英語ができないと外資系企業で働きたくても働けません。

まとめ

英語ができる人は海外の情報を正確にスピーディーに入手でき、オフショア投資もやりやすいというメリットがあります。また、他の知識やスキルなどもあれば、金融グループや外資系企業へのキャリアアップも可能です。

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事