仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)とは?取引方法まで詳しく解説!

仮想通貨

数ある仮想通貨の中でも”Bitcoin(ビットコイン)”は、メディアで取り上げられる頻度が高く、知名度も高い、代表的な仮想通貨です。あまり仮想通貨に興味がないという方でも「ビットコインは聞いたことがある」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。このページでは、仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)とはどんなものなのか、そして、ビットコインの取引方法についてご紹介します。

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)とは?

仮想通貨ってそもそも何?
仮想通貨とは、その字の通り「仮想の通貨」です。通貨ではありますが、円やドル、ユーロなどと違って、国家が発行している通貨ではありません。

まず、仮想通貨は、お札やコインのように形を持っていません。仮想通貨は電子データとして存在しており、主にインターネット上で取引されています。

そして、仮想通貨にはそれぞれの単位があり、銀行などの金融機関ではなく、取引所や販売所を介して流通しています。電子データとして存在している、仮想通貨ですが法定通貨と同じようにレートがあります。仮想通貨の価値はレートによって、常に変動しています。

仮想通貨は電子マネーと似ているようにも思いますが、電子マネーと仮想通貨は全く別のものです。電子マネーは、現金を電子マネーとしてチャージして使用するもので、現金を電子データ化して使用しているわけです。そして、基本的にチャージした国で使用します。

確かに、仮想通貨も、電子マネーと似たような使い方は可能です。ですが、仮想通貨は国境を越えて使用できますし、そもそも現金を電子化したものではなく、現金を仮想通貨に変えて使うことができるのです。

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)とは
ビットコインは、たくさんある仮想通貨のなかのひとつです。ビットコインの単位はBTC(ビーティーシー)で、1BTC(1ビットコイン)という数え方をします。ビットコインは、ほとんどの仮想通貨の取引所が対応しており、また、ビットコインで代金を決済できる店舗も多く、利用しやすい仮想通貨です。

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)でできることや法定通貨との比較

インターネット上で現金と同じ使い方ができる
仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)は、インターネット上で現金とほぼ同じ使い方ができます。

ビットコインには、銀行でいえば口座にあたるウォレットと呼ばれるページがあります。このウォレット内にビットコインが電子データで存在しており、次のような使い方ができます。

  • 貯蓄
  • 送金
  • 投資
  • 受取

インターネット上でビットコインのやり取りができるため、ビットコインでの支払いに対応しているインターネットショップでは、ビットコインを使って買い物ができます。そして、送金ができるわけですから、当然、受取りも可能です。また、ビットコインは貯蓄も投資もできます。

円やドルなどの法定通貨との違いは?
インターネット上では、現金と同じように使えるビットコインですが、法定通貨との違いはあるのでしょうか。

・取引と残高が公開されている
ビットコインは電子データですから、現金と違って誰がどこにいくら送金したのかを簡単に追跡できます。世界中のビットコインのすべての取引が公開されているので、ビットコインの流れを簡単につかめるという特徴があります。

ビットコインの取引は公開されていますが、誰がどのくらいのビットコインを持っているかは本人にしか分からないようになっています。つまり、特定のウォレットにどのくらいの残高があるかは、誰でも閲覧できるということです。

ですが、残高が公開されていてもウォレットの所有者は非公開です。つまり、口座にどのくらいの残高があるのかは解るけれど、持ち主は解らないのです。このように、口座の匿名性に関するシステムが、法定通貨とは少し違います。

・海外送金も基本的に無料
仮想通貨を海外に送金する場合は、基本的に手数料がかかりません。仮想通貨は、銀行などの金融機関が関与しないので、手数料がかからないのです。海外口座への送金や個人輸入の代金を支払うときには、法定通貨より仮想通貨の方が便利といえます。

・誰でもすぐに口座を持てる
ビットコインのウォレットは、インターネット環境があれば誰でも開設できます。そして、個人情報も不要です。一方、法定通貨の場合は、店舗に行って手続きしなければなりません。また、銀行口座を作るために個人情報の確認や審査があります。

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)の買い方は?

販売所と取引所がある
法定通貨にはないたくさんのメリットがあるビットコインを買う場所は

  • 販売所
  • 取引所

のいずれかです。

販売所では、その販売所が持っているビットコインを売っています。それに対して取引所は、ビットコインを売りたい人と買いたい人をマッチングする場所です。

販売所と取引所は、利用するならどちらがいい?
販売所でも、あるいは取引所でも、ビットコインを買えます。販売所では、いつでもビットコインを買えますが、取引価格は取引所より割高です。一方、取引所では出来高や変動に左右されて買えないという事態も想定されますが、販売所よりレートは有利です。

ということは、当然、有利なレートでビットコインを買える取引所がオススメです。

仮想通貨Bitcoin(ビットコイン)のおすすめ取引所3選

・GMOコイン
GMOコインは、GMOインターネット株式会社が運営している取引所です。親会社が大手企業ですから、倒産のリスクが少なく、安全性が高いのが魅力です。

基本的な手数料はすべて無料で、スマートフォンでも取引ができるという使いやすさにも定評があります。仮想通貨取引で重要なポイントになる、セキュリティ対策にも力を入れているので、安心して利用可能です。

・DMM Bitcoin(DMMビットコイン)
FX口座数国内第1位を獲得したDMMグループが運営しているDMM Bitcoinは、スマートフォン専用のアプリやセキュリティ面で非常に評判が良い取引所です。ビットコイン以外の仮想通貨にも対応しています。

・bitbank(ビットバンク)
bitbankは、初心者だけでなく仮想通貨取引の上級者からも評価が高い、魅力のある取引所です。ビットコインはもちろん、アルトコインを安く買いたいという人から支持されています。手数料の安さ、取引画面の見やすさに定評があります。

ワザモノ編集部

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事