コロナを機に、都内から青森に移住した女性の新ライフスタイルとは?

マネーケア

移住前後のタイムスケジュールの違い

<都内:フルリモートになる前とフルリモートで仕事をしていた時>
都内:フルリモートになる前とフルリモートで仕事をしていた時

<青森に移住した現在>
青森に移住した現在

都内での暮らしと移住後のタイムスケジュールを比較すると、ガラリと生活スタイルが変化したことが分かります。

移住のメリット&デメリット

都内から移住したことによるメリットとデメリットについても聞いてみました。

移住のメリット

移住のメリットは、大きく以下の4点だそう。

・仕事の効率が上がった
・健康的な生活になった
・メンタル的にも安心感が大きい
・収入アップ

「移住してからは、生活の質=QOL(クオリティ・オブ・ライフ)がすごく上がったと思います。
収入は会社員時代よりアップしました。フリーランスなので税金でもっていかれることが多いですが、手取りだけで言うと2倍にはなったかなと思います」

移住のデメリット

次に、移住のデメリットについても話してくれました。

・青森を離れて15年以上たっているので、知り合いがいない
・仕事における対面でのコミュニケーションがない
・自分でキャリアプランをしっかり立てないといけない

「地元に住むのは15年ぶり。仕事仲間はもちろんいませんし、同世代と触れ合う機会がなかなかないのは寂しいなと思います。
仕事の面でいうと、リモートでコミュニケーションが取れるとはいえ、やはり優秀な人材は都内に多くいて、対面でのコミュニケーションから得る気づきや、きっかけをもつ機会が減ったことはデメリットだと感じることがあります」

移住後の支出の変化

最後に、都内で働いていたときと移住後の支出の変化についても教えて頂きました。

移住後は収入がアップしましたが、支出は逆に半減しました。東京の一人暮らしで出ていっていた固定費などがほぼなくなったからです。
食費などに関しても、物価が東京に比べて格段に安いのもありますし、そもそも青森で何かを購入するということ自体が減ったと思います。

支出が減ったからといって、意識して“貯蓄する”という形にはなっていませんが、やはり貯蓄がメインになっています。
趣味や経験という点では、姪っ子や甥っ子にプレゼントを買う、一緒にご飯を食べに行くなど、家族と過ごすために費やすお金という部分が増えたと思います。
自分のために、というよりは家族のために、というところでの支出は明らかに増えたという感じです。

あとは、保険の金額をあげました!ドル建てのものなので少し投資に近いかなと思います。
収入が増えて支出が少なくなった今、将来の貯蓄のために保険を見直しました」

収入がアップし支出は減ったということで、金銭面でも大きな変化があったというYさん。
今までしっかりと都内でキャリアを積んできた実績があったからこそ、フリーランスとして実力を発揮し、移住生活が充実しているのではないでしょうか。

リモートワーク可能な職種であれば移住生活もおすすめ!

今回は、コロナを機に都内から青森に移住した女性に、移住前と移住後の暮らしの変化や、メリット、デメリットについて教えて頂きました。移住後は、仕事と家族の時間を切り分け、健康的な生活を送りながら、収入もアップしているそうです。

ニューノーマルに合わせたリモートワークは、通信環境とパソコンさえあれば可能!選択肢のひとつとしてデュアルライフや、移住生活も検討してみてはいかがでしょうか?

みみ

美容師・ヘアカラーリスト・アイリストの経験を活かして美容記事をメインに執筆中!

プロフィール

監修者: 千見寺 拓実

株式会社インヴァランス 1994年生まれ。静岡大学卒業。2017年に株式会社インヴァランスに入社。 3級ファイナンシャルプランニング技能士

プロフィール