スキンケアも季節によって衣替え!でも、どのくらいお金がかかる?

趣味・美容

美肌になるために欠かせないスキンケア。1年中、同じものを使っている人も多いですが、肌のためには季節によって使い分けるのがおすすめです。そこで、冬のスキンケア選びで重視することや、スキンケア用品にかける費用の相場をご紹介します。

冬のスキンケアはここを重視して選ぼう

空気が乾きやすい冬は、肌の乾燥に悩まされる女性がたくさんいます。顔はもちろん、腕や脚も粉を吹いたようになる人もいるでしょう。そこで必要なのがしっかりしたスキンケアです。夏は美白効果のあるさっぱりしたスキンケアを使っていた人も、冬は保湿成分がたっぷり入ったスキンケアにチェンジしましょう。冬のスキンケア選びのポイントは、高い保湿力を持つヒアルロン酸と水分の蒸発を防ぐセラミドが配合されているかどうか。冬には保湿成分の入ったスキンケアがたくさん登場するので、パッケージや口コミを見て、自分の肌に合うものを探してくださいね。体の乾燥対策にはボディクリームが欠かせません。べたつくのが嫌で夏は敬遠していた人も、冬は使うようにしましょう。乾燥がひどいときは、シアバター入りのクリームやボディオイルを薄く肌に伸ばします。

夏から冬、スキンケアの衣替えにはいくらかかる?

スキンケアの衣替えで気になるのが、その費用ではないでしょうか?費用は使う商品によってかなりの差が出ます。例えば保湿効果の高いFUJIFILMの「アスタリフト」などでは、化粧水・乳液・美容液・ナイトクリームを合わせると月2万円を超えますが、肌研シリーズなどでは、化粧水・乳液合わせて2,000円以下で揃えることができます。女性が1ヶ月のスキンケア化粧品にかける費用の平均はポーラ文化研究所のアンケートによると、2,250円と言われていますが、冬用のスキンケアをラインで1度に揃えるとなると、もう少し高くなりそうですね。乾燥対策としてパックやアイクリームを加えれば、さらに費用がかかります。スキンケアの値段はメーカーによってさまざまなので、予算の範囲内で自分の肌に合ったものを見つけるのがいいでしょう。

安くても効果抜群!スキンケアのお値段以上の使い方

肌の乾燥対策には、洗顔後に化粧水でたっぷり保湿することが大切です。だけど、使う量が少ないと肌の表面はしっとりしていても、肌内部にうるおいが届いていないこともあります。化粧水を肌につけたら手でしっかりなじませてから、もう1度重ねましょう。乾燥がひどいときは3回繰り返すのがおすすめです。さらに、化粧水をたっぷりと含ませたコットンでパックをすれば肌に保湿成分が浸透します。夏のスキンケアは化粧水と乳液だけだった人も、冬には美容液をプラス。化粧水のあとになじませて乳液でふたをしましょう。スキンケアの最後には手のひらで優しくプレスするのを忘れないでくださいね。

高いスキンケアは効果が高く、安いものは効果が低いというのは違います。リーズナブルでも肌に合うものをきちんと使うことで、乾燥に負けない美肌に近づけるでしょう。ぜひ季節によってスキンケアを見直してみてくださいね。

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事