真夏の部屋のこもった熱気対策と解消法

趣味・美容

夏場、仕事から帰ってきて家のドアを開けると、日中の熱気がこもっていてむわっと感じることが続きます。外も暑いのにドアを開けて、より暑さを感じるなんて、不快で嫌な気持ちになりますね。そんな不快な状態を早く抜け出すためにできるちょっとしたことをご紹介します。

なぜむわっとするのか

帰宅時になぜ室内がむわっとしているのでしょう。
その原因は日中の太陽の熱や室内の電化製品からでる熱が残っているから。日中、真夏の強い太陽の光が窓を通り室内に入ることで、室内の温度が上がります。そしてそこに冷蔵庫やレンジなどの家電からでた熱も合わさり、あの暑さが生まれるのです。しかし家電からでる熱をなくすために毎日外出時にコンセントを抜く、なんてことは難しいですよね。
そこで今回は家電から出る熱以外に注目して、朝にできる対策と解消法をご紹介します。

朝できるむわっと対策

まず朝にできる対策として、外出時にカーテンを閉めるということ。その際、普通のカーテンでなく遮光遮熱カーテンだとより一層効果が大きいです。
カーテンを閉めたくない時や、休日の日中部屋で過ごす際にカーテンを開けたまま過ごしたいという方には、窓ガラスにUVカットシートを貼るだけでも何もしないよりか効果があります。
透明のフィルムなので、見た目も損なうことなく効果を得ることができますよ。

夜のむわっと解決法

仕事終わりに帰ってきた際の部屋のむわっとした感じを早く解消するには、扇風機を使います。暑いので自分に向けて当てたいところですが我慢。
夜、帰宅してすぐの時は外の空気の方が涼しいことがほとんど。室内よりも外の方が涼しい時には、熱い空気を外に飛ばすイメージで扇風機を外に向かって回すことで、室内の暑い空気を早く出すことができます。そしてある程度涼しくなったら、エアコンをつけてください。

いかがでしたか

本当にちょっとしたことで、帰宅時の部屋のむわっとした不快感を軽減することができます。
お金も時間もかからないので、日頃意識しながら過ごしてみてください。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事