緑に囲まれて心豊かに!ベランダガーデニングで人気なのは?

趣味・美容

SNSなどでも最近目にするベランダでのガーデニング。本格的な用具がなくても始めることができ、手間もあまりかからないことから、一人暮らしの方でも始める人が多いです。しかし実際のところ、みなさんどんなものを育てていて、何が人気なのでしょうか。そこで今回は、ベランダで育てることができる人気の植物をご紹介します。

観葉植物編

シェフレラ(カポック)
丸い葉っぱをつけるシェフレラ。日当たりがよく風通しのよい場所を好みます。
4〜10月はよく成長する時期なので、鉢の土が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。真夏はほぼ毎日必要です。成長が穏やかになる11〜3月は水やりを控え、鉢の土が乾いて2〜3日たってから水を与えるくらいでいいということで育てやすいですね。
シェフレラのような丸い葉をつける植物は、人の気持ちを落ち着かせる作用があると風水上では言われています。最近自分のペースが掴めないという方は、シェフレラのパワーをもらってみてはいかがでしょうか。

アイビー(へデラ)
小さくて可愛らしい葉っぱをつけて育つ様が可愛いアイビー。
日光や風通しのよい環境でよく育ちます。寒くなる11〜3月はガラス越しに日光の当たる場所へ、それ以外の4〜10月は午前中に日光がよく当たる窓辺などに置いておくことが理想です。土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えてくだいね。寒い11〜3月は鉢の土が乾いたと感じてから数日後に水をあげるくらいで大丈夫です。
アイビーは、どんどん成長していくことから縁起がいいとされていて人気の植物。最近なんかパッとしないななどと感じている方は、アイビーを育ててみてはいかがでしょうか。

食べられるもの編

バジル
最近人気のバジル。市販のペーストなどを購入している人が多いですが、自宅でも簡単に育てることができるんです。最近は栽培キットも販売しているので気軽に始めることができます。

水やりは、乾いたら鉢底から流れるくらいたっぷりと。夏の暑い時期は朝と夕方の2回くらいあげましょう。育ったら葉っぱのみを収穫します。そのままでも乾燥させてからでも使用できて、色々な料理に使うことができます。バジルを使った人気料理のジェノベーゼだけでなく、仕上げにトッピングしたり、マリネなどに使用しても美味しく仕上がります。いつもの料理もおしゃれに仕上がりますよ。

ローズマリー
スーッとした独特の香りが人気のローズマリー。この独特の香りから、他のものに比べて虫がつきづらいということから育てやすいと人気です。

水やりは土が乾燥してから数日後にたっぷりと与えてあげてください。水やりの時間は昼間を避け、朝や夕方にしましょう。土の乾燥が進んでくると葉っぱが細くなってくるので、それをサインに水やりをするといいそうです。

収穫したローズマリーをオイルに漬け込んだハーブオイルはいつもの料理の雰囲気をグッと変えてくれます。またカットしたじゃがいもと一緒にオーブンで焼けば、香り豊かなローズマリーポテトが完成します。おしゃれですしおつまみにもぴったりです。

いかがでしたか

身の回りに緑が増えるとどこか心が落ち着きますね。さらに料理に使える植物を育てれば、ちょっとした節約にも。自分で育てたものを食べるとなると、いつもより格段に美味しく感じます。友人などに振舞っても喜ばれそうですね。水やりさえきちんとしてあげれば難しいことはありません。ぜひ挑戦してみてください。

サイトウ サオリ

2018年から社会人に。 学生時代からライターとしてインターンをしており、マネーケアなどについて学んできた。 若い人からの目線で、投資やお金について見ていく...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事