買い物は週1回が正解!賢く済ませるための方法&コツ

ライフ

買い物は週1回と決めてまとめ買いするほうが、節約になってお金が貯まりやすいと言われています。「買い物の回数をなるべく減らしたい」「忙しくてなかなか買い物へ行けない」そんな人こそ、まとめ買いに切り替えてみませんか?今回は“買い物を賢く済ませるための方法&コツ”をメインテーマに、まとめ買いの魅力をご紹介します。

買い物へ行く前にパターンを決めておく

食材をまとめ買いするときに気になるのは、「まとめ買いした食材が余ったらもったいない」「あとから足りなくなったらどうしよう」といったことですよね。食材の多い、少ない問題の解決には、自分の買い物パターンを決めておくことが欠かせません。

まずは2つのパターンについて、買い物方法と買い方のコツを見ていきましょう。

【パターンその1】献立を決めてから買い物する

1週間の献立を決めてから買い物するパターンの人にとって大切なポイントとなるのは、食材リストの作成です。自分で決めた献立に対し、どんな食材がどれくらい必要なのかを考えてリスト化します。

食材リストは、メモ用紙でもスマホのメモ機能を使ってもOK。買い物へ持って行って途中で確認できるように、“見やすく、コンパクトにまとめる”ことを意識しましょう。

買い物を終えたあとは、メモをきちんと残しておくことが賢い買い物のコツ。1週間が終わったら、余ったり足りなかったりした食材をリストと照らし合わせます。このとき、「キャベツ1玉だと多すぎたな」と振り返り、次の1週間の買い物に役立てましょう。

【パターンその2】買い物してから献立を決める

献立をあとから決める場合、どんな食材をどれだけ買うか、買い物しながら決めることになります。冷蔵庫にある食材を見てその日の献立を決める、週後半になったら食材を使い切ることも考える必要がある、といったスキルを求められるパターンです。

買い物のコツは、自分にとって使いやすい食材をメインにすること。玉ねぎや豚肉など、いろんな料理にアレンジしやすい食材を選ぶことも大切です。

1週間で使い切ることを考えながら同じ食材を使って献立を決める…そうすると献立のレパートリーが増え、献立を考えるトレーニングにもなります。

行きつけのお店を固定してお金も時間も節約

お店ごとに“安い食材”に違いがあるものですが、賢く買い物するためには行きつけのお店を固定することも大切です。いくつかのお店の特売日に合わせて買い物をすれば、それだけ回数が増えて余分な食材をいっしょに買う可能性も出てきます。

自分にとって立ち寄りやすく、特売日のラインナップに必要な食材が含まれているお店を探してみましょう。ポイントが付くお店であれば、行きつけを決めることでポイントの貯まり方も変わってきます。

NEXT:「買い物のときに参考になる小ネタもチェック」

続きを読む
1 / 2

メロンサイダー

1児の女の子を子育てしながらライター業務に励む日々。 ライフスタイルや美容関連の情報集めが趣味♪好きな食べ物はメロンで、甘いものも野菜っぽい味のものも好き。

プロフィール