自宅で仕事効率UP!在宅ワーカーにおすすめの便利グッズ4選

ライフ

近年、働き方改革などによって「テレワーク」や「リモートワーク」といった、働く場所に捉われないスタイルの働き方をする人が増えてきていますね。今回は、自宅で働く“在宅ワーカー”の仕事効率UPを助けるおすすめグッズをご紹介します。集中力が切れやすい、快適に過ごせない、とお悩みの方は参考にしてみてくださいね。

腕の負担を軽減できる「リストレスト」


画像: @ HYPER X

パソコン作業が長くなってくると手首に負担が掛かってしまい、疲労や痛みに悩んでいるという人もいるのではないでしょうか。そんな人におすすめなのが、「リストレスト」というアイテムです。

キーボードやマウスを使う手元に置けば、低反発のクッションが手首を支えてくれて快適にパソコン作業ができます。また、手首が安定していることでタイピングをいつもより軽やかにしてくれるでしょう。

写真のリストレストは「HYPER X(ハイパーエックス)」というブランドの商品ですが、最近では100均でも同じようなアイテムが取り扱われており、安価で購入することも可能。

その他にも、低反発素材だけでなくジェルやシリコンといった素材で作られたリストレストが様々な会社から販売されています。好みに合ったタイプのものが見つかれば、在宅ワークがさらに快適にものになるでしょう。

参考: HYPER X

タイピングが快適になるノートパソコン専用スタンド


画像: moft.jp

デスクトップ型でなく、ノート型パソコンを使って在宅ワークをしている人もいますよね。持ち運びに便利なノートパソコンですが、指先や視線が落ちやすいため、姿勢が悪くなってしまい、腰痛や肩こりの原因になりやすいという話もよく聞きます。

しかしこの問題、ほんの少し画面の角度や高さを変えるだけで改善でき、パソコン作業がグッと快適になるのです。写真の「ノートパソコンスタンド」は、そんな環境を簡単に作れる便利グッズ。視線はちょうど良い高さに、指先は快適なタイピング角度へと変わり、姿勢改善にも役立ちます。

種類もコンパクトな折り畳み式から、パソコンの冷却機能がついたものまで、豊富なバリエーションが各社より販売中なので、ぜひチェックしてみてください。

参考: moft.jp

蒸気のアイマスクで疲れた目元をリフレッシュ!

パソコン作業が続くと起こりやすい悩みのひとつ、眼精疲労。目に負担が掛かることで頭痛や肩こり、精神的なストレスへと広がり、仕事効率も下がりがちに…。そんなときはホットタオルや蒸気タイプのアイマスクを使用して、目の奥からほぐしてあげましょう。

蒸気のアイマスクには、使い捨てタイプ・繰り返し使える電子レンジ式・USBタイプがあります。外出先やお試しで使いたい方は使い捨てタイプがおすすめですが、自宅で日々使うのなら電子レンジ式かUSBタイプが高コスパで経済的です。

さらに、目元を潤しながら温める蒸気タイプはとっても心地良く、目の疲れを癒すのに効果的。USBタイプのアイマスクは蒸気で温める商品が少ないので、より効果を発揮させたい方は、電子レンジで温める小豆を使用したアイマスクがおすすめです。

参考:桐灰

気持ちを切り替えたいときはアロマで集中力アップ!

自宅で仕事をする在宅ワークは、良くも悪くもリラックスできる場所が仕事場であることから、集中力を持続させるのが難しいと感じる方も多いようです。そんなときは、アロマの効果に頼って、気持ちを切り替えてみるのがおすすめ。

アロマのエッセンシャルオイルには、植物由来の香りを楽しむだけでなく、種類によりさまざまな不調へアプローチしてくれる作用があります。例えば、リラックスしたいときはラベンダー、睡眠不足などで集中力を取り戻したいときはペパーミント、といった具合です。

その他にも、目の疲れや頭痛を緩和させたいときや、やる気をUPさせたいときなど、様々なシーンでサポートしてくれるアロマがたくさんあります。生活雑貨店などで購入することができるので、一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

参考:NEAL’S YARD REMEDIES

まとめ

在宅ワークはつい集中力が切れてしまいがちなものの、好きな音楽を聴いたりお気に入りのドリンクを飲んだりと、自由度の高い環境で仕事できることが最大のメリットです。今回ご紹介した、在宅ワーカーにおすすめの便利グッズを活用しながら、快適に仕事効率UPを目指しましょう!

sayaco

美容師とインテリアコーディネーターの資格をもつ新米ママ。最近はコスメへの研究心が高まり大変です。

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事