転職までの期間別、転職する際に気をつけておくべきお金のポイント

税金

確定拠出年金は、まずは転職先の制度をチェック

企業型確定拠出年金に加入していた人は、退職することによって必ず資産を移さないといけません。これを「移換(参照:厚生労働省)」といいます。
ではどこに移換するかですが、転職先に確定拠出年金の制度があればそこに移換することになるので、転職先に企業型の確定拠出年金をしていたことを伝えて指示に従いましょう。

転職先に企業型確定拠出型年金制度がない場合や、退職から転職までの期間が6カ月以上あいてしまうときは「個人型(iDeCo、イデコ)」で掛金を継続する手続きを、退職後6カ月以内に忘れずにしてください。
手続きをしないままにしておくと、それまで加入していた企業型確定拠出型年金の資金は現金化されて、国民年金基金連合会に自動的に移換(参照:iDeCo公式サイト)されてしまいます。移換されると、資産の運用がされないなどのデメリットがあります。

企業型であっても個人型のiDeCoであっても、個別の商品ラインナップは異なります。この機会に個別の商品内容を勉強して、加入商品を吟味できる「目」を養っておきたいですね。

まとめ

転職先が決まっているなら、有給休暇を使用してでも、退職日と転職日を連続させること、前職での賞与規定を把握しておいて、賞与をもらえる権利を得てから転職することなどはお金のことを考えると重要な要素です。
また、転職先が決まっていたけれど、予定していた会社や自分の都合で転職できなくなることもよくある話です。

とはいえ、前職の会社や転職する予定だった会社とは、今後も仕事やプライベートでどんなつながりがあるかわかりません。同じ地域、同じ業界で働く場合は特にその点を意識して、社会人としての礼儀は忘れないようにして、円満に転職したいものです。

小野 みゆき

中高年女性のお金のホームドクター 社会保険労務士・CFP・1級DCプランナー・年金マスター 企業で労務、健康・厚生年金保険手続き業務を経験した後、司法書士事...

プロフィール