簡単便利!クレジットカードで国税が払えるサイトをご紹介

税金

クレジットカードで税金が納付できたらいいのにと思ったことはありませか?2017年から新たに国税のクレジットカード納付が「国税クレジットカードお支払サイト(https://kokuzei.noufu.jp/)」にて可能になりました。クレジットカードで支払える税金には何があるのでしょうか?また、どんなメリットがあるのでしょうか?クレジットカードの国税納付について詳しくご紹介します。

クレジットカード納付のできる税目と使えるカード

税金には国税と地方税とがあり、今回新たにクレジットカード納付ができるようになったのは国税です。法人・個人のどちらもクレジットカードでの納付が可能で、基本的に納付書で納付できる国税はすべて対象になります。
一般の人が関係する主な税目としては、申告所得税、相続税、贈与税などが該当するでしょう。所得税の場合、基本的に給与所得者は源泉徴収なので、自営業や個人事業主、パートなどで扶養範囲の所得を超えた場合に確定申告をして所得税を支払う人が対象になります。

クレジットカード納付に使用できるカードは、下記の6種類になります。
・Visa
・JCB
・Mastercard
・American Express
・Diners Club
・TS CUBIC CARD
ただし、納税額が1,000万円以上の場合や、所有するクレジットカードの決済可能額を超えて納付することはできません。また、クレジットカード納付ができるのはインターネット上の「国税クレジットカードお支払サイト」で納付手続きを行う場合のみです。税務署の窓口や金融機関、コンビニエンスストアでの納付書による納付の場合は、クレジットカードによる支払いはできないので注意しましょう。

クレジットカード納付はお得?メリットとデメリット

国税をクレジットカードで納付するメリットとして、すべてインターネット上で完結するため、金融機関やコンビニエンスストアにわざわざ出向く必要がない点があげられます。これまでも、e-TAXを利用して電子納付する方法はありましたが、インターネットバンキングの口座の準備、事前に手続きを行う必要性があるなどの制限がありました。しかし、クレジットカードでの納付の場合、インターネットでの手続きだけで24時間365日いつでも納付を完了することができます。また、クレジットカードの引き落としは1~2ヶ月先である上、分割払いやリボ払いも利用できるので、工夫すれば家計の管理をしやすくなりますね。
一方、デメリットとしては、10,000円につき82円(76円+税)の決済手数料が発生することがあげられます。国税の納付でもクレジットカードのポイントの対象になりますが、また、分割払いやリボ払いも手数料が発生する場合があるので、事前にカード会社に確認するようにしてください。

国税のクレジットカード納付の方法と注意点

国税のクレジットカード納付は「国税クレジットカードお支払サイト」で行います。納付に利用可能なクレジットカードと、確定申告書や税務署から送付された通知など、納付する税目や金額が記載されたものを用意しましょう。
国税のクレジットカード納付は1回の手続きで1つの税目しか決済することはできません。また、一旦納付手続きをしてしまうと、取り消しはできないので注意が必要です。万一、納付手続きを誤った場合は所轄の税務署での手続きが別途必要になります。確定申告書や税務署からの通知書等をしっかりと確認しながら、税目や納付金額を間違いなく入力するようにしましょう。
「国税クレジットカードお支払サイト」で納付した場合、領収証は発行されません。領収書が必要な人は金融機関や税務署の窓口で納付してください。また、クレジットカード納付の場合、納税証明書を発行できるようになるまで約3週間かかることがあります。融資などの関係で早めに納税証明書が必要な場合は注意してください。

まとめ

国税のクレジットカード納付は自宅でできて、支払いサイトでの納付手続き自体も簡単です。忙しくて、支払いを忘れがちな人や、金融機関に出向けない人にはオススメのサービスです。この機会に利用してみては?

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事