女性がもらって嬉しい、株主優待3選

株式投資

株式投資をする魅力のひとつ「株主優待」。各社が工夫を凝らし、自社の株式を持つ方へ優待を実施しています。
今回は、女性がもらって嬉しい株式優待を3社選んでご紹介します。

そもそも「株主優待」ってなに?

株主優待は、企業ごとに決められた時期に、株主である人に対して、企業が自社のオリジナル商品や自社商品の割引券などをプレゼントするお得な仕組みです。
企業によっては、この株主優待の他に、配当金が出ることも。株主優待は、(インカムゲイン)として期待できる制度なのです。

ユナイテッドアローズ(7606)

ユナイテッドアローズは、紳士服・婦人服及び雑貨セレクトショップを展開している会社です。

[利用できる店舗]
株式会社ユナイテッドアローズ、株式会社フィーゴ、株式会社コーエン、株式会社 Designs、CHROME HEARTS JP合同会社 (一部株主優待券が使用できない店舗あり)

優待割引券の利用上限額(税込)は27万円。優待券を2 枚同時に利用することで、利用上限額(税込み)を54万円にできます。ただし、2枚同時利用の場合も割引率は15%。20万円の買い物をすると、3万円の割引を受けられるということです。複数点の購入により利用上限金額を超える場合は、限度額内の点数まで適用されます。また、3枚以上は利用できません。賢い女性は、衣服費も予算を決めて支出をコントロールしています。セール商品や催事販売品の購入に券が使えないのは残念ですが、バーゲンセールでつい目がいってしまう「セール除外品」も、優待券を使うことで心置きなく購入できるところが魅力でしょう。

また、企業の取り組みとして、ウィメンズの靴とバッグのセレクトショップ「オデット エ オディール」で2018年4月2日(月)から2018年4月30日(月・祝)までの期間、不要シューズ・バッグの下取りキャンペーンを実施。その回収したシューズとバッグを、乳がんの早期発見・診断・治療の大切さを呼びかけるピンクリボン運動に寄付するとのこと。不用品を有効利用しながら女性を応援する素敵な取り組みも、この会社を選んだ理由です。

ダスキン(4665)

ダスキンと聞くとお掃除のイメージがありますが、庭木のお手入れサービスや介護事業など、多岐にわたる事業を展開しています。

[利用できる店舗]
清掃・衛生用品のレンタル&販売、プロのお掃除サービス、ミスタードーナツなど、自社のサービスや一部の店舗を除き利用できます。(介護保険対象商品は除く)。

ダスキンのサービスには、1989年に誕生したダスキンメリーメイドがあり、ハウスクリーニングの他に家事代行サービスを行っています。洗濯や買いもの、調理やアイロンがけなど、日常のさまざまな家事を時間単位でお任せできる「家事おてつだいサービス」、リビングやクローゼット、キッチンの戸棚など、ご要望の場所の整理・収納をお願いできる「おかたづけサービス」は、忙しい女性だけでなく、高齢者や介護が必要な家庭にも需要が見込めます。北海道から沖縄まで全国に対応しているので、親と一緒に実家の片づけをするきっかけにも使えますね。

また、ミスタードーナツやモスバーガー、両方が楽しめるお店「モスド」でも一部の店舗を除き利用できます。おひとりさまランチや、家族が集まるティータイムにも使えて便利です。

ミズノ㈱(8022)

スポーツ用品販売の大手。競泳用水着やゴルフ、野球などの道具はもちろん、ランニングのアドバイスなどレッスンにも力を入れています。

[利用できる店舗]
ミズノ直営店、公式オンラインショップ、クラブオーダーサイト

休日や仕事帰りに運動をする女性たちが増えています。健康や体型の維持にスポーツは欠かせません。どうせするなら服装にもこだわりたいけれど、ネックは費用がかかること。ミズノの優待では、ウエアや道具が割引で購入できるところが魅力です。また、ミズノは、経済産業省と日本健康会議から、従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人として、「健康経営優良法人2018(大規模法人部門)~ホワイト500~」に認定されています。投資家からの理解と評価を得ることで、結果的に業績向上や株価向上につながることが期待されます。

まとめ

今回は女性がもらって嬉しい株主優待を3つ選んで紹介しました。株主優待は、言わばオマケのようなもの。オマケだけでなく長期保有のメリットにも目を向けて、無理のない範囲で楽しみましょう。

辻本 ゆか

CFP、おふたりさまの暮らしとお金プランナー 企業の会計や大手金融機関での営業など、お金に関する仕事に約30年従事。暮らしにまつわるお金について知識を得るこ...

プロフィール

関連記事一覧

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事