どのくらい税金を納めるの? 計算してみてわかったこと

税金

財務省の発表によれば、2018年度の国の税収総額が60兆円*1を超え、バブル期の1990年度を上回り過去最高になったそうです。個人的には、税金というと良いイメージは持てないのですが、消費税の増税も間近に迫ってきたこんな時だからこそ、基本に戻って税金の意味や使われ方を見てみましょう。

税金をいくら払っているのか知っていますか?

納税することは国民の義務ですが、一体どれだけ支払っているのでしょうか? 
日本の国民がどの程度、所得税や消費税などの税金を負担しているかを示す指標に「租税負担率」と呼ばれるものがあります。

財務省の調べによれば、2019年度は租税負担率(国税・地方税が所得に占める割合)が25.4%の見通し*2です。手にしたうちの収入の4分の1は税金に持っていかれたとなると、がっかりですね。

さらに、どれくらい1年間に収入を得ているかというと、日本の平均給与は約432万2000円*3です。
内訳をみると男性約531万5000円女性約287万円です。
これにあてはめると、働く人の税金負担額は年間約109万8000円(432万2000円×25.4%=109万7788円)で、40年間納めたとすると4392万円です。納めた税金でマイホームが購入できそうですね。

この数字はあくまで平均ですので、たとえば自動車を買った人なら自動車重量税、自動車税を、ガソリンを給油すれば、ガソリン税、石油税など消費税以外にも多くの税金を納付していることになります。
*1:日本経済新聞より、*2:財務省「国民負担率の推移」より、*3:国税庁:「2017年分民間給与実態統計調査結果」より

「税金の使い道はどうなっている?」

続きを読む
1 / 3

池田 幸代

株式会社ブリエ 代表取締役 証券会社に勤務後、結婚。長年の土地問題を解決したいという思いから、宅地建物取引士、ファイナンシャルプランナー(AFP)を取得。不...

プロフィール

ABOUT

マネリーは「マネー・投資に興味ある女の子のための情報メディア」をコンセプトに「働く女性に、未来への投資を提案・サポートする」というミッションのもと、貯金、投資、セミナーなどオトナ女子になるため情報メディアです。

最新記事